アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

コテで巻かなくてもできるから簡単!傷まない!まとめ髪アレンジ

美容学校教員兼スタイリストの野澤琢眞です。これからの季節、暖かくなってくると髪を結んだりまとめたりする機会が増えてくると思います。ただまとめるだけのヘアアレンジから、一つ先のまとめ髪ヘアアレンジをしたい方の為に、今回は髪を巻かなくても出来る簡単まとめ髪の方法をご紹介します。

目次

巻かなくても出来るヘアアレンジ

ヘアアレンジをする際、欲を言えば毛先を程よく巻いておいた方がやりやすいとは思います。が、髪を巻くという行為は熱処理を加えることで髪を痛める原因にも。

そこで今回は、巻かなくても出来るヘアアレンジをご紹介したいと思います。

髪をまとめる作業は自分では難しいと思っている方でも、プロセスを理解して何度か練習すれば思ったより簡単に作る事が出来ますので、是非この機会にチャレンジしてみて下さい。

簡単まとめ髪の作り方

※まず下ごしらえとして、髪の毛全体にほどよくスタイリング剤をつけてからアレンジを進めてください。

① 後頭部の真ん中の髪を2、3回編み込みをして毛先をゴムで縛ります。

この部分は後頭部の立体感を出すために大切な部分ですので、後頭部にボリュームが欲しい方はあらかじめバランスを考えてブロッキングをとるようにして下さい。

② 残った両サイドの髪の毛を、順番に編み込みの真ん中でゴムを縛ります。

この時初めに作った編み込みの間に隙間が出来ないようになるべく手を頭皮に近づけて作業して下さい。

編み込みは片編み込みで、なるべく細かくきつめにしておく事がポイントです。

③ ゴムで結んだ両サイドの髪をくるりんぱをしてしっかりと締め上げます。

左右に均等に力を入れてゆっくりとさけば綺麗にくるりんぱを締め上げる事が出来ます。

④ 残った毛先の髪を下に向かって三つ編みを作り毛先をゴムで縛ります。

この時の三つ編みも、なるべく細かくきつめに作る事で後で崩れにくくなります。

⑤ ゴムで結んだ毛先をくるりんぱの中に入れ込みピンで固定します。三つ編みのお団子がここで完成しますが、重さで落ちてこないように数カ所ピンで固定して下さい。

毛先のピンだけで固定するのが心配な場合は、バレッタやクリップなどを使って固定するとより安定感が増しますので是非お試し下さい。

⑥ 最後に全体をバランスよく崩して、ルーズ感と立体感を出したら完成です。

この時、はじめに作った後頭部の編み込みの部分は後方にしっかりと引き出す事で、日本人特有の絶壁を隠す事が出来ます。

頭頂部に高さを出す事で顔の形をシャープに見せる事が大切です。引き出す毛束はなるべく少なく、10本くらいを目安に引き出すと綺麗に透け感を出す事が出来ますのでお試し下さい。

いかがでしたか?今まで苦手だったまとめ髪をマスターして、いつも以上に素敵なお洒落を楽しんで下さい。

「#まとめ髪」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

野澤琢眞

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録