アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

お雑煮だけじゃもったいない!残ったお餅で簡単アレンジレシピ

お正月に残ったお餅は冷凍保存もできますが、美味しいうちにまた違った料理にしてみませんか? 今回は、年末年始にごちそうで疲れた胃腸にやさしいお餅レシピのご紹介です。 少しの手間で、残ったお餅を無駄のないように食べきりましょう。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 10分

大根はなぜ胃腸にやさしいの?

大根には、デンプンを分解する酵素のアミラーゼが含まれ、胃もたれを緩和します。さらにタンパク質を分解してくれるプロテアーゼ、脂質を分解するリパーゼも含まれているので、揚げ物やお肉など、脂っこいもののつけ合せとして食べると、食後の胃腸の消化を助けてくれます。

お餅のアレンジレシピ

お餅は、食べごたえもありお腹にたまるので、少しさっぱりめの味付けで。一緒に 胃腸にやさしい「大根」を使います。トースターで焼くだけの簡単調理です。

材料(2人分)

・お餅 2個
・大根おろし 少量
・かいわれ大根 少量
★醤油 小さじ2
★砂糖 大さじ1
★酢 小さじ2

作り方

① 大根おろしを作る(ザルに上げて水気は自然にきる)。かいわれ大根を細かく切る(ネギを小口切りにしたものでもいいです)。お餅はさいの目切りにする。

② ★を混ぜ合わせる。

ポイント
大根おろしは、あまり力を入れないで軽くすりおろすと、美味しい大根おろしができます。力を入れすぎると、辛い大根おろしになってしまいます。

③ お餅はトースターで焼き、器に盛って大根おろし、かいわれ大根を盛り、混ぜ合わせた★をかける。(今回お餅は1000wで4分焼きました)

ポイント
ゆずの皮を千切りにしたものを添えると、香りが豊かになります。

今回はトースターで焼きましたが、油で揚げて揚げもちや、ゆでたりしたものでも美味しくいただけますので、お好みでお試し下さい。

残ったお餅も少しの手間で、美味しくいただき、無駄のないように食べきりたいですね。


執筆者:鈴木美鈴



18

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録