アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

夏にさっぱり食べられる!フライパンでできる「鶏から揚げのサルサソース」

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。油控えめのフライパンでできる鶏から揚げと、ピリ辛でさっぱりなサルサソースの組み合わせは、あとひく美味しさ!暑い季節にから揚げをさっぱり食べるには、コレです!今回は、フレッシュトマトのピリ辛サルサと、マンゴーとミントの爽やかサルサの2種と一緒にご紹介します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 25~30分

サルサって?

よく耳にしたことのある「サルサ」。ラテン音楽にもダンスにも使われるサルサ。

料理で言うサルサとは、スペイン語でソースの意味があります。トマトが入った赤いソースを思い浮かべますが、液状の調味料やドレッシング全般をサルサと呼び、その種類も色も様々です。

今回は、フレッシュなトマトとフルーティーなマンゴーを使った2種類のサルサを作ります。どちらも手軽に作れて、から揚げの味を一層引き立ててくれますよ!

フライパンでできる鶏から揚げのレシピ

材料(2人分)

・鶏もも肉…1枚(300g)
・すりおろしにんにく…1/2かけ分(チューブでも可)
・すりおろし生姜…1/2かけ分(チューブでも可)
・しょう油…小さじ1と1/2
・マヨネーズ…大さじ1
・塩…小さじ1/8
・ブラックペッパー…適量
・砂糖…小さじ1/8
・清酒…小さじ2
・片栗粉…大さじ1
・小麦粉…小さじ2
・オリーブオイル…大さじ3(揚げる用)

作り方

① 鶏もも肉は、フォークで数か所穴を開け、味を染み込みやすくしたら、ひと口大に切ってボウルまたはビニール袋に入れる。

② 片栗粉、小麦粉、オリーブオイル以外の材料を全て入れ、揉みこむように混ぜたら、そのまま10~15分置く。

③ 片栗粉と小麦粉を加え、ヘラで混ぜる。(粉類が、鶏もも肉全体に付くように混ぜます。)

④ フライパンにオリーブオイルを入れて熱したら、③を皮目から入れ、3~4分中火で揚げ焼きにする。裏返して2~3分または火が通るまで揚げ焼きにする。(油が飛びますので、気を付けて下さい。フタを盾のように上手く利用するか、ステンレスのザルを逆さにしてかぶせると軽減できますよ!)

⑤ 油を切って、皿に盛る。2種のサルサソースを添えます。

マヨネーズでお肉をコーティングしているので、コクがでるうえ、少ない油でもなじんでカリッとした揚げ焼きが出来ます。

工程②の置き時間に、サルサソースを作っておくと、揚げたてが食べられますよ!

トマトのサルサソースのレシピ

材料(2人分)

・トマト中…1/2個(可食部100g)
・きゅうり…1/4本(30g)
・玉ねぎ…30g
・パクチー…10g~適量
・レモン果汁…大さじ1
・塩…ひとつまみ~少々
・ブラックペッパー…適量
・タバスコ…4~5滴(またはお好みの量)

作り方

① きゅうりと玉ねぎは、4~5mmの角切り、またはみじん切りにして塩(分量外)を少し振っておく。

② トマトは7~8mmの角切りに、パクチーはみじん切りにして、ボウルに入れる。残りの材料も入れる。

③ ①の水気をキッチンペーパーで取り除いてから加え、和えたら出来上がり。

マンゴーのサルサソースのレシピ

材料(2人分)

・マンゴー…1/4個(可食部100g)
・玉ねぎ…40g
・ミントの葉…2~3枚
・ライム果汁…大さじ1(レモン果汁でも可)
・塩…ひとつまみ~少々
・ブラックペッパー…適量
・ハラペーニョソース…4~5滴(またはお好みの量、タバスコでも可)

作り方

① 玉ねぎは、3~4mmの角切り、またはみじん切りにして塩(分量外)を少し振っておく。

② マンゴーは7~8mmの角切りに、ミントはみじんぎりにして、ボウルに入れる。残りの材料も入れる。

③ ①の水気をキッチンペーパーで取り除いてから加え、和えたら出来上がり。

甘さと辛さがクセになるマンゴーサルサは、我が家の夏の定番です。冷凍マンゴーでも大丈夫ですよ!

少量の油でできる、フライパン鶏から揚げと2種類のサルサソースの組合せを、ぜひ、楽しんでみて下さいね!

「#鶏肉レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録