アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
NGメイク OKメイク アイメイク

イタ見えメイクと今っぽメイクは紙一重!アラサー女子の垢抜けメイクポイント5選

美容ライターの遠藤幸子です。年齢やトレンドに合わせてメイクはアップデートしていくことが大切ですが、それをうまくできていない人が多いようです。今回はアラサー女子が垢抜けた素敵なメイクを楽しめるように、イタ見えメイクと今っぽいメイクの違いを解説しながら垢抜けメイクのポイントをご紹介します。

目次

イタ見えメイク1:丸く濃すぎるチーク

チークは丸く入れると可愛らしい印象に見えますが、やり過ぎると途端にイタく見えてしまいます。特に血色感を出そうと濃く入れたり、境目をしっかりとぼかしていないと残念!

大人可愛い印象に仕上げたいなら、ふわっと軽やかに楕円形をイメージしてチークを入れるのが正解です。パウダーだと調整が難しいので練り状のものを使うのがポイントです。

中央部分からなるとを描くようなイメージで、少しずつ外に丸を広げていくように塗ると、外側に向かって徐々に薄くなるような仕上がりになります。さらに、チークの境目をスポンジで軽くぼかせば、自然な印象に仕上がります。

イタ見えメイク2:太すぎるアイライン

目元を強調しようとリキッドアイライナーを使って太くアイラインを入れる人がいます。しかしこれはイタく見えるだけでなく、強調しようと思った目元をかえって小さく見せてしまうことに。

アイラインは目元を引き締めることが目的なので細く入れるのが正解です。まつげの隙間を埋めることを意識しつつ目の形に沿って入れましょう。

イタ見えメイク3:パールやラメの使いすぎ!全部キラキラメイク

パールやラメの煌めきを好む女子は多いもの。しかし、それも広範囲に使い過ぎるとギラギラし過ぎてイタ見えの原因になってしまいます。

ポイントを絞って使うからこそ印象的に見せることができるので、できれば1つ、多くても2つまでのパーツに留めるのが正解です。

イタ見えメイク4:マットな赤リップをしっかり塗る

ちょっと背伸びして大人っぽく見せたい時やカッコよく見せたい時に重宝する赤リップ。しかし、これもマットで鮮やかに発色するものを輪郭を整えてしっかり塗ると、どこか古臭く見えてイタい印象になってしまいます。

赤リップは透明感のある発色のものを軽やかにまとうのが正解です。マットなリップを使いたい場合にはティッシュオフしてグロスを重ねるなどして、今っぽく見えるように調整しましょう。

イタ見えメイク5:顔色が悪く見える寒色系アイメイク

ファッションに合わせてメイクを変えるという人が多いのではないでしょうか。寒色系の洋服を着た時それに合わせて目元にも寒色系を使う時には注意が必要です。

というのも発色の仕方によっては顔色が悪く見えてしまうからです。

寒色系を使いたい場合には、透明感のある発色のものを選ぶことが大切。この他、肌の色とかけ離れた色の使用は避け、肌なじみのいいアイシャドウにアイライナーやマスカラで寒色系を取り入れるのがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。今回は、アラサー女子が垢抜けた素敵なメイクを楽しめるように、イタ見えメイクと今っぽいメイクの違いを解説しながら垢抜けメイクのポイントをご紹介しました。

ぜひこの機会に自分のメイクを見直して、垢抜けた印象の今っぽメイクを楽しんでください。

「#NGメイク」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録