アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
垢抜けメイク ベースメイク アイメイク リップメイク チーク

オトナ女子の垢抜けにはベースメイクの質感が重要♡質感に合わせた今っぽメイク2選

元美容部員コスメコンシェルジュ Ikueです。ファンデーションを選ぶ時何を基準にして選んでいますか?肌に合った色を選ぶのはもちろんなのですが、ツヤ・マット・素肌感などの質感で選ぶのも大切なんです。今回はファンデーションの質感に合わせた垢抜け今っぽメイクをご紹介します!

目次

今回の大人向け垢抜けメイクで使うベースメイクアイテムはこの2つ

今回は、「ツヤと潤い感のある肌に仕上がるファンデーション」と「素肌感とカバー力のいいとこ取りのパウダー」の、2つの質感のベースメイクアイテムに合わせた垢抜けメイクをご紹介します。

画像左:コフレドール モイスチャーロゼファンデーション 2,800円(税抜) ケース1,000円(税抜)/編集部調べ
画像右:マキアージュ ドラマティックフェイスパウダー 2,800円(税抜) ケース1,000円(税抜) パフ500円(税抜)/編集部調べ

潤ったツヤ肌にしてくれるのは、「うるみエッセンス」と「なめらかカバー」の2つのバームをまぜて使う「コフレドール モイスチャーロゼファンデーション」。うるおいで肌を守りながら肌の明るさや血色を感じさせてくれるファンデーションです。

素肌感を重視したベースに仕上げてくれるのは、ファンデ級にカバーしながらノーファンデーションのような素肌感を演出してくれる「マキアージュ ドラマティックフェイスパウダー」。

最近若年層を中心に「ノーファンデーション派」の方が増えています。素肌感のある肌になりたいけどカバー力も欲しい。そんな思いを叶えてくれるのがこのドラマティックフェイスパウダー!ファンデ級のカバー力を兼ね備えたフェイスパウダーです。

ここからはそれぞれの質感に合った、垢抜けメイクをご紹介していきます!

うるみ上気肌・ピンクを上手く使った大人ツヤ肌メイク

ツヤと潤い感のある肌にしたい人にオススメなのは、バームファンデーションです!

うるおい感とほんのりピンクがかったような血色を感じさせる「うるみ上気肌」にしてくれる「コフレドール モイスチャーロゼファンデーション」。うるおいの膜がピタッと密着し、これからの季節大敵な乾燥からも肌を守ってくれます。

モイスチャーロゼファンデーションを使った、ツヤ感と血色感を最大に活かしたメイクをご紹介します。

使用したアイテムはこちら

デイジーク 04 Pastel Dream 6,000円(税抜)
セザンヌ パールグロウチーク ゴールドピーチ 600円(税抜)
ロムアンド 15 ファンキーメロン 1,200円(税抜)

ファンデーションのツヤ感と血色感を活かし、ピンクメインのメイクに仕上げるのがおすすめです。

ベースメイクでツヤ感が出ているので、アイメイクはマットなアイシャドをメインに使っていきます。

全体をマットのアイシャドウ2色で縦割りグラデーションを作り、まぶたの中間にだけラメを乗せていきます。

下まぶたには輝きを残したいので、ラメ入りのアイシャドウを入れました。

チークはゴールドパール入りのチークを使い、さらに血色感をプラス。

ブラシをポンポンと頬にのせるのではなく、ススッと頬骨の上の往復するようにつけていくとさらにツヤ感がアップします。ブラシの使い方でもチークの仕上がりが変わりますよ!

リップは唇全体をベタッと塗らず、グラデーションを作りながら塗っていきます。ベタ塗りすると唇がすごく主張されたメイクになってしまいます。

今回はツヤ肌を活かしたメイクにしたいのでリップは少し控えめに。

全体をピンクで統一したメイクの完成!肌にツヤ感があるのでマット感も入れつつ、上質な大人メイクになりました。

ノーファンデのような素肌感・ナチュラル大人メイク

ノーファンデの肌は透明感も出せるので、一度はやってみたいメイクですよね。しかしシミやニキビ跡が気になり、やはりカバー力は欲しいもの。

そんな方へオススメなのが、おしろいの軽さとファンデ級のカバー力を兼ね備えた「マキアージュ ドラマティックフェイスパウダー」。

ノーファンデーションのような素肌感を活かした、ナチュラルだけど垢抜けするメイクをご紹介します。

使用したアイテムはこちら

Borica 美容液ケアアイシャドウ 104 1,800円(税抜)
ローラメルシエ ブラッシュカラーインフュージョン 06チャイ 3,500円(税抜)
ディオール マキシマイザー 010ホロピンク 3,700円(税抜)

ナチュラルだけど血色感のある大人メイクにしていきます。

素肌感を残したいのでポイントメイクはガッツリせず、ナチュラルに仕上げていきます。

アイメイクは単色アイシャドウを使います。

Boricaの美容液ケアアイシャドウは発色が良く、ヨレにくいジェル状のアイシャドウ。これ1つで綺麗にグラデーションができるので初心者さんにもオススメです。

目のキワから塗っていきグラデーションを作ります。

チークはマットで肌なじみの良いものを選びます。素肌感を大事にするために、パールなどが入っておらず健康的な色みのが出るものがオススメ。

チークは少しずつ、濃淡を見ながら重ねていきます。

リップは自分の唇の色を活かすためにグロスのみ。ディオールのマキシマイザーはカプサイシンが血行を良くしふっくらした唇にしてくれますよ。

最後にハイライトとシェーディングを軽く入れて立体的に仕上げれば完成です。

ベースメイクの質感のに合わせてメイクをすると、グッと垢抜けた印象になりますよね。

ファンデーションを選ぶ時には質感の違いもチェックしながら選んでみてください。メイクの幅が広がりますよ。

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。


/

この記事の著者

Ikue

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録