ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

炊飯器ひとつで簡単に完成!甘辛お肉でご飯がすすむ!ビビンバ風「炊き込みごはん」

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。炊飯器ひとつでできる料理は、とっても便利!今回は、韓国風に味付けしたビビンバ風の炊き込みご飯のレシピを紹介します。甘辛の牛肉と味の染み込んだご飯が、秋の食欲を増幅!お代わりしたくなる、おすすめどんぶりです!

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20分(炊飯する時間は除く。)

ビビンバ風炊き込みご飯のレシピ

お肉にしっかり味付けしてから、炊き込みます。漬け込みダレには、生の玉ねぎを使うので、お肉が柔らかく仕上がりますよ!

材料(4人分・米2合)

・米…2合
・薄切り牛肉…200g(牛バラ肉を使っています)
・玉ねぎ…1/4個(すりおろして70g)
・にんにく…1かけ
・しょうが…1かけ

Aしょう油…大さじ1と小さじ1
Aみりん…大さじ1
Aごま油…小さじ2
Aコチュジャン…大さじ1
A塩…ひとつまみ

・にんじん…60~70g
・ニラ…1/2束(60g)
・豆もやし…1/2袋(100g)
・顆粒中華スープ…小さじ2(または鶏がらスープの素など)
・水…350ml

B温泉卵…4個(または人数分)
Bキムチ…200g(または人数分。ひとり50gくらいです。)
B刻みネギ…適量
B糸とうがらし…適量(お好みで)
B白ごま…適量

作り方

① ボウルに牛薄切り肉を入れ、玉ねぎ、にんにく、しょうがをそれぞれすりおろして入れる。

② 材料Aのしょう油、みりん、ごま油、コチュジャン、塩を加えて混ぜ合わせる。そのまま10分ほど置く。

生の玉ねぎに含まれる酵素が、お肉のたんぱく質を分解して柔らかくしてくれます。野菜を洗ったり、切ったりする間に、漬け込んでおきます。

➂ にんじんは、2~3mmの厚さに切ってから細切りに、ニラは、3~4cmの長さに切る。

④ 研いだ米を炊飯器に入れ、顆粒中華スープを入れる。

⑤ にんじん、豆もやし、ニラの順に米の上に広げながら乗せていく。

⑥ 一番上に②を広げて乗せる。(もし、水分があるようでしたら、一緒に入れてください。)

⑦ 水を入れ、炊飯器にセットしたら、通常の炊飯モードで炊く。

炊いている間に、温泉卵を準備します。(調理時間外です。)

卵は、冷蔵庫から出して常温にして置き、保温性のある容器に入れたら、卵が十分かぶるくらいのたっぷりの熱湯を注ぎます。フタをしっかりとして、Mサイズなら8~9分で、出来上がります。

卵の大きさや温度、容器によって異なるので、時間は目安としてください。

⑧ 炊きあがったら具と米を混ぜ、器に盛る。

⑨ 温泉卵とキムチを乗せ、刻みネギと白ごまを散らす。最後に糸とうがらしを飾ったら出来上がり。

温泉卵を乗せましたが、目玉焼きでも、ポーチドエッグでも、卵黄だけでも、お好みの形で卵を乗せてください。辛さ控えめなので、お好みでコチュジャンや豆板醤を添えてくださいね。

炊飯器にお任せするだけで出来上がる、ビビンバ風炊き込みご飯をぜひ、作ってみてください!

「#丼レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録