ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク アイメイク OKメイク NGメイク

垢抜けたいならやっちゃダメ!オトナ女子がダサ見えしちゃうNGメイク3選

オトナ女子はいつまでも若々しく、そしてオシャレな雰囲気をメイクでも出したい!でもどんなポイントに気を付けたらいいの?と疑問に思っている方、いらっしゃいますよね。今回はそんな人にお届けしたい、オトナ女子が気を付けたいメイクのポイントをご紹介します。

目次

ダサ見えしてしまう「眉毛」

眉毛はお顔全体のイメージを左右する大事なパーツです。眉毛の描き方を間違えてしまうとせっかくのアイメイクも老けて見えたり、キツい印象を与えたりすることも。

そんな印象を与えてしまうのが「細すぎる眉毛」「眉山の角度が付きすぎる眉毛」です。

眉毛が細すぎると目と眉毛との距離が離れて見えて「老け顔」になってしまうのです。

そして眉山の角度をつけすぎると固い表情に見えてキツい印象を与えがち。若見えで上品な印象を与えたい場合は、眉毛は太めに、眉山の角度もなだらかにすると良いです。

ダサ見えしてしまう「アイラインの入れ方」

目を大きく見せたいから、濃い目のアイラインでガッツリ目を強調!というのは古い印象になります。ましてや、グルっと目をアイラインで囲むようなひき方をしてしまうと目が小さく見えて逆効果になります。

アイラインはアイメイクの雰囲気に合わせて、柔らかい色味のアイラインにシフトしてみましょう。どうしても目がぼんやりしやすい方は、まつ毛の生え際の目のキワだけ濃い目のアイラインで引き締めましょう。

そして、まぶたのアイラインと目の下のアイラインは目尻でつなげず、離して入れると目に広がりができて大きく見えます。

ダサ見えしてしまう「ベースメイク」

オトナ女子は肌の毛穴やシミやソバカスなど、カバーしたくなる箇所が増えてきますが、ファンデーションの塗り方次第でダサ見えしてしまうことも。

ダサ見えポイント① フェイスラインギリギリまでファンデーションを厚塗り

フェイスラインは比較的肌のアラが少ない部分なので、ファンデーションは顔の中心部分に塗りましょう。

そうすることで、首と顔の色が違う!なんていうことも防げます。

ダサ見えポイントその② 顔全体をカバーするようにファンデーションを塗る

特にカバーしたいシミやニキビ跡などは、コンシーラーを使って隠したい部分のみカバーして厚塗りを防ぎましょう。

ダサ見えポイントその③ メイク全体やファッションのTPOを無視してマットなベースメイクにしてしまう

カジュアルなファッションや華やかなファッションに合わせる時は、ツヤ感の出るベースメイクやセミマットな肌作りを目指しましょう。

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選


/

この記事の著者

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録