アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

忙しい年末年始に大活躍!毎日ごはんにもおもてなしにも使える「作り置きサラダ」3選

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。忙しい年末年始。疲れて帰宅してからの夕飯作りは、メイン料理を作って、サラダを作って…と考えると、帰宅の足取りも憂鬱になってしまいますが、副菜のサラダだけでも作ってあると、かなり気持ちが軽くなりますよね。彩りのよいサラダなら、それだけで食卓は華やかになりますし、お弁当ににも重宝です。今回は色合いがよく、ちょっとお洒落な味付けのサラダをご紹介します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 各10分~15分

かぶと金柑のサラダ

さっぱりした味のかぶを金柑と合わせて、蜂蜜のドレッシングでマリネしたサラダです。ちょっと甘酸っぱい味で、金柑の風味がさわやか。生ハムなどと合わせれば、ワインのおつまみにもぴったりです。

材料(3~4人分)

かぶ 3個
塩 小さじ1/2
金柑 6個
A)オリーブオイル 大さじ1と1/2
A)ワインビネガー 大さじ1
A)蜂蜜 小さじ1/2
お好みのハーブ 適量

作り方

① かぶは皮をむいて薄いくし形に切り、塩をふってしばらく置き、水気を軽く絞る。金柑は5mm位の厚さに横に切り、たねを取る。

② Aの調味料をよく混ぜ、かぶと金柑を和え、塩で味を調える。

③ お好みのハーブを添えて盛り付ける。(写真はディルを使っています。)

紫キャベツとプルーンのサラダ

紫色が艶やかなサラダは、プルーンを入れて甘酸っぱい味わいにしました。お弁当に入れると彩りのアクセントになり、優しい甘さは箸休めにもぴったりです。

材料(3~4人分)

紫キャベツ 1/4個(300g)
塩 小さじ1/2
ドライプルーン(種なし) 5個
A)オリーブオイル 大さじ1
A)ワインビネガー 大さじ1
A)蜂蜜 小さじ1
A)塩 ひとつまみ

作り方

① 紫キャベツは千切りにして塩を振ってなじませる。しばらく置いて水気をぎゅっと絞る。

② ドライプルーンは6等分に切る。

③ Aの調味料をよく混ぜ、紫キャベツとドライプルーンを和える。

卵とじゃがいもとスナップエンドウのサラダ

卵とスナップエンドウのサラダにじゃがいもを入れてボリュームアップ。スナップエンドウのシャキシャキした歯触りと柔らかいグリーンが卵によく合います。

味のアクセントにカレー粉を入れましたが、ブラックペッパーや、粒マスタードもおすすめです。

材料(3~4人分)

卵 3個
スナップエンドウ 120g
じゃがいも 1個
玉ねぎ 1/8
マヨネーズ 大さじ4
カレー粉 小さじ1/2~1
塩 適量
こしょう 適量

作り方

① スナップエンドウは筋をとる。沸騰したお湯に塩を少し入れ、1分半茹でてざるにあける。飾りに使うものを2~3個取り分け、残りは斜め半分に切る。

② 玉ねぎは薄切りにして水にさらし、しっかり水気を切る。

③ じゃがいもはよく洗ってラップをし、レンジ(500w)で3分半加熱する。(楊枝を刺して堅ければ追加で加熱する。)粗熱が取れたらラップを外して皮をむき一口大に切って、塩とこしょうを振って下味をつける。

④ 卵はお湯で10分茹で冷水にとり、殻をむき、食べやすい大きさに切る。

⑤ スナップエンドウ、玉ねぎ、じゃがいも、卵を入れてマヨネーズ、カレー粉入れて和え、塩で味を調える。

朝のパンに添えたり、お弁当に入れたり、夜はメイン料理の付け合わせやおつまみに。作り置きサラダなら、不足しがちな野菜もとれます。

何かと忙しい年末年始、食事の準備が楽になる作り置きサラダ、ぜひ作ってみて下さい。

「#作り置き」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

笠原知子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録