アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
マスクメイク OKメイク NGメイク

マスクメイクでコレやっちゃダメ!アラフォーを老け見えさせるNGベースメイク4選

美容ライターの遠藤幸子です。長引くマスク生活の中でメイクの概念がガラリと変わった方が多いのでは?特にベースメイクは正解が難しいところ。今回は、アラフォーを老け見えさせるNGベースメイクとコロナ禍の今だからこそ気をつけたいベースメイクのポイントをご紹介します。

目次

【NGベースメイク①】ファンデは暗めの色を選ぶ

普段ファンデの色選びに迷ったら、複数のファンデを混ぜ合わせて使う、首の色に合わせて選ぶ、少し暗めの色を選ぶ、のが正解です。

しかし、マスクをつける場合には、残念ながら普段のそういった選び方はNGです。

なぜなら、マスクをしている時に暗めのファンデを纏うと、肌がくすんで見えてしまう傾向にあるから。肌がくすんで見えると疲れて見えたり、老けて見えたりします。

マスクをつけるときにファンデの色選びに迷ったら、気持ち明るめを選ぶのが正解です。

とはいえ、明るめのファンデを選ぶと、フェイスラインと首とのつなぎ目が気になることがあるかもしれません。その場合には、フェイスラインの裏側にシェーディングを入れてバランスをとりましょう。

この時使用するシェーディングは肌色とかけ離れた濃い色はNG。不自然な仕上がりになってしまいます。

シェーディングに使用するのは、普段より暗いファンデかそれと似たような色を選び、シェーディングを入れているのがわからないほど自然な仕上がりになるよう心がけましょう。

【NGベースメイク②】マスクをするからコンシーラーや毛穴カバー下地は使わない

マスクをしていると、ついついベースメイクが手抜きになってしまいます。しかし、手抜きベースメイクは肌のアラが目につき、だらしなく見えるだけでなく、老け見えしてしまいます。

また、それを避けようとコンシーラーや毛穴をカバーする下地は使わずにファンデを厚く塗るのは余計にNG。肌の透明感が損なわれてもっと老け見えしてしまう恐れがあります。

マスクの時もできるだけ肌のアラはコンシーラーでカバーし、ファンデは薄塗りを心がけましょう。

【NGベースメイク③】ツヤ肌はベタつきそうだからマットな肌にする

ツヤ肌は肌にみずみずしい印象を与え、立体感を生み、生き生きとした表情を作るのに役立ちます。しかし、ハイライトやツヤが出るタイプのベースメイクアイテムを使うとベタつきそうと思い、敬遠する人もいます。

アラフォーが完全にマットな肌に仕上げると、肌の乾燥やシワ、毛穴などが目立ち老け見えするリスクが高くなってしまいます。

ベタつきや化粧崩れが気になる人はそれを防ぐ効果がある化粧下地を使ったり、メイク前に油分を軽くティッシュで抑えたりして、ベタつきやテカリ対策を行っておきましょう。

【NGベースメイク④】ベースメイクはBBクリームかCCクリームで完了する

マスクをして外出し、そのまま帰宅するという日は別として、ベースメイクをBBクリームかCCクリームだけで済ませるのはNGです。

なぜなら肌のアラをカバーしないことで老け見えしてしまうからです。

特に白色のマスクをしていると肌とのコントラストで肌のアラが余計に目立つことがあります。マスクの時こそ丁寧なベースメイクを行いましょう。

いかがでしたでしょうか。今回は、アラフォーを老け見えさせるNGベースメイクとコロナ禍の今だからこそ気をつけたいベースメイクのポイントをご紹介しました。当てはまるものがあれば今すぐに見直しましょう。

「#NGメイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録