アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
時短アイメイク NGメイク OKメイク

時短メイクはイタ見えする!?アラフォー女子はやっちゃダメ!「忙しい朝のNGメイク」3選

美容ライターの古賀令奈です。家事や身支度、仕事の準備で忙しい朝は、化粧水を塗る時間すら惜しい日もあるもの。しかし、適当にメイクを済ませると、納得のいかない仕上がりになったり、すぐに崩れてしまったりすることが。そこで今回は、大人の女性が気をつけたい時短NGメイクと、その改善方法についてお伝えします。

目次

マスクでもバレる?「ノーファンデで想像以上に老け見え」色ムラだけは整えて

「マスクにファンデがつくから塗りたくない」「どうせ隠れるし、日焼け止めだけでいいや」筆者の周りでは、そんな言葉が少なくありません。

たしかに肌の大半はマスクで覆われるものの、露出されている部分だけでも肌の印象は十分に感じられます。露出部分の肌色を整えておくと、見た目の印象がグンとアップしますよ。

ファンデーションを避けたい方におすすめなのが、ピンクのコントロールカラー。日焼け止めの後にサッと塗れば、色ムラを落ち着かせながら血色感を演出できます。

目周りのみに仕込んでもOKですし、全体に塗ってもファンデーションほどマスクへの付着が気になりません。

シミも赤みも悪目立ち!「ベースメイクは急がば回れ」時間をかけて丁寧に

BBクリームやクッションファンデーションは、手早く塗れる時短メイクの味方。その一方で、塗り方が雑になるとヨレやくずれが気になりやすい点は否めません。

ベースメイクは丁寧に行うのがベスト。仕上がりもメイクもちもアップします。

急いでいるときこそ、できるだけ時間をかけてみてください。肌がきれいに整っていると、それだけで美しい印象が叶います。

NGはBBクリームのみでメイクしてマスクをつけ、2〜3時間経った状態、OKは化粧下地、リキッドファンデーション、フェイスパウダーで丁寧にメイクしてマスクをつけ、2〜3時間経った状態です。

同じ人間でも、肌の印象がまったく違うことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ムラなく薄づきに仕上げたり、フェイスパウダーで油分をおさえておいたりすると、メイク直しにも困らなくなります。ベースメイクは丁寧に行ったほうが、総合的に手間がかからないでしょう。

不幸オーラが…「ブラウンシャドウで疲れ顔に」アイメイクは明るいカラーが正解

ブラウンアイシャドウは手早く彫りの深い目もとを演出できて便利ですが、実は大人の女性にとっては注意したいカラーのひとつ。

まぶたのくぼみやくすみなどが目立ちやすい方は、ブラウンを重ねることで暗く疲れた印象になりやすいため、色選びが難しいといえます。

手早くアイメイクを済ませたいときは、明るいカラーでくすみを飛ばすことを優先してみてはいかがでしょうか。

万能なのが、淡いパールオレンジ。上まぶたのくすみを飛ばしたり、くぼみをふっくら見せたりして、目周りの悩みをサポートしてくれます。

目の下にはパールベージュを。涙袋をぷっくりと見せて明るい印象をキープしながら目もとの存在感を高めてくれるでしょう。

物足りないときは目尻に少しだけブラウンやテラコッタ系のアイライナーを入れると、手早く目力が強まりますよ。

時短メイクだからこそ丁寧に

時短メイクを成功させるカギは、丁寧に行うこと。いくら手早くても雑に塗ると、くずれや仕上がりに影響が及びます。

塗るものや作業を減らしながらも、一つひとつを丁寧にメイクしてみると、きっと満足いく仕上がりが叶うでしょう。

「#時短メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録