アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
財布 レシート ペン 画像

家計簿が続かない…ズボラさんにおすすめ!財布とペンだけで始める!家計管理のコツ

/

こんにちは!整理収納アドバイザーの青山あきよです。みなさんは家計簿をつけていますか?「なかなか続かない…」「月末にまとめてやるので毎回予算オーバーしちゃう」など、苦手な方も多いのではないでしょうか。今回は、色々なタイプの家計簿を試しても3ヶ月と続かなかった筆者が最小限の労力で、なおかつしっかりと予算を守りたい!と辿り着いた家計管理方法をご紹介します。

目次

1.家計簿をつけるのはなぜ?

そもそもみなさんは家計簿を“何のために”つけていますか?

きっと“家計簿をつけること”自体が目的ではありませんよね。大きく言うと“使ったお金を把握するため”と“それを元に予算を守るため”なのではないでしょうか。

よって、この2つのポイントを押さえられるのであれば、細かく家計簿を付けなくてもいいのかもしれません。

2.続かない原因

それではなぜ続かないのでしょうか。

まず考えられるのは、“取り掛かる際のハードルが高いこと”が挙げられます。

家計簿を出して、レシートを出して、フォーマットの項目に細かく分けて…意外とあるたくさんの手順がめんどくさくて、重い腰が上がらないなんてことありますよね。

そしてさらに、“有効性が感じられていないこと”も原因として大きいのではないでしょうか。

レシートをため込んで月末にまとめてやったけれど、結局予算オーバー…ではつける意味が無いと感じてしまいますよね。

意味が無いと思っていると、さらに家計簿をつけるのが億劫に。筆者はこの悪循環でした。そのため、いつでもサッと取りかかることができ、予算を守りやすい仕組みがほしい!と色々試してみて辿り着いたのがこの方法です。

それではそんなズボラさん向け家計管理の手順をご紹介します。

3.用意するもの

あれこれ用意するとなると、取り掛かるのにハードルが上がってしまいますよね。

ですがご安心ください。この方法でまず必要な物はお財布とペンのみで大丈夫です。

4.さあ、やってみよう

お財布に入っているレシートを全て出します。

項目ごとに分けます。筆者は「食」、「服」、「住」にざっくりと分けています。

これはどの項目かな…?と悩んでしまうので、細かく分けすぎないこともポイントです。

項目ごとに金額を合計し、一枚選んだレシートにメモします。

メモしたレシートだけお財布に戻し、あとは処分します。これがポイントです。

なぜならお買い物の時、お財布は必ず持っていますよね。メモしたレシートをちらっと確認しながらお買い物すれば、残りの予算を把握でき買い過ぎ予防に役立ちます!

この手順でレシートの整理までを週に一度くらいのペースで行うと、コンスタントに使った金額を確認できるので、あとどれだけ使っても良いかが常につかみやすくなります。

結果を残しておきたい場合は、月末にスマホアプリに入力しておしまいです。

お疲れ様でした。いかがでしたでしょうか。色々なタイプの家計簿を試しても3ヶ月と続かなかった筆者が、この方法にしてからほぼ予算オーバー無しで、2年以上続けられています。

家計簿が苦手な方はぜひ一度試していただけると嬉しいです。

気が乗らない家事はまず“目的をはっきりさせること”が、取り掛かるハードルを下げる近道なのかもしれません。

「#家計簿」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

青山あきよ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録