ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク アイシャドウ OKメイク NGメイク 

アラフォー女子は要注意!オバ見えを招く?!「NGメイクとアイテム」3選

美容ライターの遠藤幸子です。年齢を重ねると似合う色に変化が生じるだけでなく、メイクをする際に使用するのを避けた方がいいアイテムも出てきます。今回は、アラフォー女子が選ぶのは避けた方がいいメイクアイテムとその使い方についてご紹介します。

目次

【NGメイク①】自分の肌とかけ離れた色のアイシャドウ

10代、20代には似合った鮮やかな色を30、40代で纏うと、似合わなくなっていた、という経験はおそらく多くのアラフォー女子が経験しているのではないでしょうか。

鮮やかな色を纏うと華やかになると思いがちですが、肌がくすみがちなアラフォー女子が自分の肌とかけ離れた色を広範囲で纏うと、色が映えず浮いて見えるなどして老けて見えがちです。注意しましょう。

【解決法】

アラフォー女子は自分の肌の色になじむ色を広範囲で纏うのがおすすめ。肌の色とかけ離れた鮮やかな色を纏いたい時には、他のメイクで用いた色と相性がいいものをどれか1色に絞り部分的なアイラインなどポイント的に入れましょう。

【NGメイク②】顔色が明るくならないリップ

抜け感を出したり、アイメイクにポイントを置いた時に引き算でも用いたりするベージュや淡い色のリップ。

オシャレなアイテムですが、アラフォー女子が纏うと顔色が明るくならず無機質な印象に見えたり、最悪の場合肌色をくすませてしまうことがあり要注意!特にマットな質感のものは危険です。

【解決法】

アラフォーならひと塗りで顔色をパッと明るく見せるような、色鮮やかな色のリップを纏うのがおすすめです。

しかし、全体のバランスをとるのに発色の淡いリップやベージュリップなどを纏いたい時もあることでしょう。

その際は血色感のあるものを選び、グロスを重ねて煌めきやツヤをプラスしましょう。そうすることで印象がかなり変わります。

【NGメイク③】大粒のラメ入りアイシャドウ

大粒のラメが入ったアイシャドウは、光の加減でまばゆいほどの煌めきを放つ多くの女子をときめかせるアイテムのひとつです。

しかし、大粒のラメが入ったアイシャドウは、年齢を重ねていくことでシワやくすみなどの肌悩みを悪目立ちさせる可能性があるだけでなく若作り感が出るため、アラフォー女子は避けるのがベストと言えます。

【解決法】

とはいえ、あれもこれも好きなアイテムを避けていてはメイクが楽しくなくなってしまうかもしれません。

そこでアラフォー女子がラメが入ったアイシャドウを老け見えせずにうまく纏うためのポイントがあるので、ぜひ試してみてください。

大事なのは、広範囲で纏わないということと粒子が粗くないアイテムを選ぶことです。アイホール全体に入れたくなるところですが、それはNG!

また、チップを使うとラメが多く付いてしまうことになるので、大きめのブラシを使いまぶたの中央部分にのみふわっと重ねましょう。

いかがでしたでしょうか。今回は、アラフォー女子が選ぶのは避けた方がいいメイクアイテムとその使い方をご紹介しました。

この機会にぜひご自分のメイクを見直して、メイクをアップデートしてみてください。

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録