ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク デカ目メイク アイシャドウの塗り方

なりたいのはデカ目&小顔♡女子の理想を叶える簡単メイクテク

コスメコンシェルジュ・16タイプパーソナルカラーアナリストのIkueです。メイクは毎日のようにしていると思いますが、何かを意識してやっていますか?色々理想はあると思いますが、ちょっとしたテクニックがあればなりたい自分になれますよ。今回はなりたい人が多い小顔&デカ目に見える簡単メイクテクを紹介します。

目次

デカ目に見えるようで実は見えていない?囲みメイク

目は大きく見せたい!誰でもそう思いますよね。大きく見せたいからと、アイラインでしっかり目の周りを囲んでいたりしませんか?

実はこれ目が大きく見えるどころか逆効果なんです。

目の周りをぐるっと囲んでしまうことでアイラインに目線がいってしまいます。太く囲めば良いと思いがちですが、古臭く見える上に逆に目を小さく見せてしまっています。

太すぎる・囲んだアイラインは違和感が出てしまうので、アイラインは太くしすぎず、適度な太さにしましょう。

縦に大きく見せたい場合は中心をちょっとだけ太めに、横に大きく見せたい時は目尻を太めに。下まぶたのアイラインを描く場合は全部に引かず、目尻だけ・黒目の下など部分使いにした方が違和感なくなじみますよ。

デカ目に見えるアイシャドウの塗り方

大きい目に見せるためにはアイシャドウの塗り方も大事です。広い範囲を濃く塗れば目が大きく見えると思いがちな方も多いですが、それはNGです。

広範囲にアイシャドウを塗りすぎると、塗った部分が目立ってしまい太すぎるアイライン同様に目は逆に小さく見えてしまいます。

アイシャドウはアイホールからはみ出ないように塗ります。アイホールより広く塗ってしまうと腫れぼったく見えたり、顔のバランスが悪くなってしまいます。

アイシャドウはアイホール内に塗り、ベースカラー・アクセントカラーを使いグラデーションを作りましょう。グラデーションでさらに立体感ある目元になり大きく見えます。下まぶたにもアイシャドウを入れてあげるとより効果的。

グラデーション以外にもラメやツヤのあるハイライトカラーをまぶたの真ん中、一番高い位置にちょんと乗せるとより立体感が出てデカ目に見えますよ!

顔はキャンバス!メリハリをつけて立体感のある顔に

画用紙に絵を描くとき、色を変えたり影をつけることで立体的な絵になりますよね。顔も一緒でファンデーションをベタ塗りしてしまうと平面的な見え方をしてしまい、のっぺりとした印象になってしまいます。

ベースメイクではファンデーションだけなく、ハイライト・シェーディングをうまく使うことで立体感のある小顔に見せることができます。

顔は元々立体的なので必ず陰影ができます。ですが、ファンデーションを顔全体同じ色で塗ってしまうと陰影が消えてしまいます。小顔に見せるためにはハイライトとシェーディングを活用しましょう!

さらにポイントとして、ファンデーションも全体を同じ厚さで塗らないこと。顔の側面やおでこ、顔の中央は薄づきにし、アラが多くカバーしたい頬の部分だけスポンジでポンポンと重ね塗りすることで、ファンデーションの段階でも立体感のある顔になります。

ちょっとした色の使い方やテクニックで立体的に見え小顔に見えたり目をより大きく見せることができます。

「顔はキャンバス」ということを頭に入れながら、毎日のメイクで小顔&デカ目テクニックを取り入れてみてくださいね!

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

Ikue

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録