ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉 描き方 アイブロウ

「眉・目・鼻」を制すれば垢抜け美人になれる♡整形級に可愛くなれる3ポイントメイク

お顔の中でも眉と目と鼻はメイクテクでなりたいイメージに変えやすいパーツです。今回は今の旬な垢抜け美人に近づける整形級のメイクテクをご紹介します。

目次

①眉の形を変える

眉毛は毛の生え方や、毛流れなどで左右されて、どこをどう変えたら良いのかわかりづらいパーツ。

大事なポイントは、どの部分を活かして、どの部分が不要なのかを見極めること。

まずどんな眉の形にしたいのか?は、どんなイメージに見せたいかによって変わりますので、今回は一番代表的な平行アーチ眉に変えるテクニックをご紹介します。

眉は基本的に上のラインは活かして描く方が良いので、上のラインでアーチ眉になりそうな部分から濃いめのペンシルで印をつけます。

そして、自分の眉毛の傾きに左右されないよう理想的な平行アーチ眉のシェイプを描いてしまいます。

そうすると、つけたガイドラインからはみ出る毛が不要な毛になります。そこをカットしてみましょう。

カットできたらガイドラインをスクリューブラシで薄くして、アイブロウパウダーで眉の毛の隙間をふんわり埋めて、全体の形を整えます。

②目の形を変える

目の形に変化をもたらすアイテムはアイライン。

アイラインをうまく活用することで、なりたい目の形に近づけていきましょう。

今回は可愛らしい目元に見せてくれる、丸みのあるデカ目にしていくテクニックをご紹介します。

まずは上まぶたのアイラインは、目尻が上がっているのか、下がっているのか、によって描き方が変わります。

目尻が下がりめの場合は目頭に切開ラインを入れて、目頭と目尻の平行をとります。目尻が上がっている場合は、目尻のラインをはね上げずに描きます。

こうすることで、目の左右幅が広がってデカ目に見せることができます。

また、細めの二重、奥二重の場合は、メッシュタイプのアイテープを使うと二重幅が広がってさらに目を大きく見せることができます。

そして、目の下の幅を大きく見せるには、涙袋メイクをするとさらに目の縦幅を広く見せることができます。

涙袋メイクは、二重強調ライナーで影を描いてから、目との隙間を明るいカラーやラメが入ったカラーでふっくら見せると自然に仕上がります。

③鼻を高く立体的に見せる

日本人の鼻は幅が大きく、高さがなく、鼻先も丸みのある形が多いパーツ。

鼻も光と影をつけてスッキリ見せるようにメイクするとより立体感が生まれます。

シェーディングは赤みの少ないブラウン系のカラーを使って柔らかめのブラシで入れていきます。シェーディングを入れる箇所は鼻の形によって変わりますが、代表的な入れ方をご紹介します。

ハイライトは、鼻筋を通しますが、鼻先まで繋げて入れると鼻が逆に丸く見えてしまうので、眉間から鼻の中央部分まで入れて、鼻先は独立させて入れます。

今回は少しテクニックが必要なメイクテクにはなりますが、整形級に変えたい!という方はぜひ試してみてください。


/

この記事の著者

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録