ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク OKメイク NGメイク

30代メイクのままの人は要注意!40歳を過ぎたら老け見え・イタ見えしちゃうNGメイク3選

美容ライターの遠藤幸子です。年齢とともに似合うメイクは変わりますが、うまくシフトできずに悩む人は多いのではないでしょうか。今回は、40代に突入しても続けていると老けて見えるNGメイクをご紹介しながら、40代の女性をより美しく見せるメイクのポイントを解説します。

目次

【NGメイク①】明るすぎる眉

髪をカラーリングしていると、それに合わせて眉も明るくする人が多いのではないでしょうか。

しかし、自眉をブリーチなどしていない限り、いきなり明るい色で眉を描き足そうとすると、描き足した明るい眉が浮いてしまいます。そうすると若作り感が出てしまい老けて見えたり、イタく見えしたりすることになってしまいます。

ナチュラルな美人に見せるためのポイント

眉の足りない部分は自眉に近い色で描き、仕上げに明るい色のマスカラやパウダーを重ねて明るさや色を調整しましょう。

【NGメイク②】パレットの色をすべて使ったグラデーションアイメイク

パレットアイシャドウを購入すると、パッケージや公式サイトに書かれているようにすべての色を使ってメイクするのが正解のように思えます。

しかし、これは商品をうまく使いこなす方法をレクチャーしたもので、メイクする人をより美しく見せるための提案とは限りません。

特に40歳を過ぎるとまぶたの下垂によってグラデーションメイクが映えなくなります。

それにもかかわらず30代の頃と同じように、目を閉じた時に理想とする位置にグラデーションメイクをすると、目を開けた時にまぶたの下垂によって理想の位置に入るべき色が入らず、理想のアイメイクを実現できないことになります。それが老け見えやイタ見えの要因になってしまうのです。

ナチュラルな美人に見せるためのポイント

40歳からは単色もしくはメインカラーと締め色の2色(ハイライトカラーは除く)でメイクするのがおすすめです。

また、締め色も二重幅にしっかり塗るのではなく、目の際にアイラインのように細く入れるか、目尻側だけに影のように入れるかのいずれかがおすすめです。

今回使用したアイシャドウ

シャネル レ ベージュ パレット ルガール #ウォーム(税込8,250円)

それぞれのメイクhow to

【NGメイク③】くすみと一体化しやすい色のアイシャドウをメインカラーにする

40代になると、まぶたのくすみや目の下のクマが顕著になりがちです。

それにもかかわらず、好きだから・無難だから・流行りだからといって目元のくすみと一体化しやすい色のアイシャドウをメインカラーにすると、顔全体をくすませ老け見えイタ見えの原因になってしまいます。

ナチュラルな美人に見せるためのポイント

肌になじむ色でありながら目元のくすみを払拭する効果が期待できる、明るい色のアイシャドウをメインカラーに選びましょう。おすすめのカラーはベージュ系、パステル系などです。

いかがでしたでしょうか。今回は、40代に突入しても30代のままのメイクを続けていると老けて見えるNGメイクをご紹介しながら、40代の女性をより美しく見せるためのメイクのポイントを解説しました。

今の自分に似合うメイクにシフトすることでナチュラルな美しさを手に入れてくださいね。

※記事内の商品価格は筆者購入時のものです。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録