ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

夏に嬉しい一品♡おもてなしにもおすすめ!梅はんぺんとトマトのそうめんゼリー

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。そうめんを出汁の効いた、ひんやりゼリーに閉じ込めました!トマトと薬味のトッピングの他に、梅を叩いてはんぺんと混ぜて、ゼリーのアクセントに。清涼感たっぷりの、夏に嬉しいひと品をご紹介します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20分 (冷やし固める時間を除く)

梅はんぺんとトマトのそうめんゼリーのレシピ

材料(2人分 約380~400mlグラス2個分)

・そうめん…80~100g
・トマト…1/2個(横に半分を使います)
・みょうが…1/2~1個
・青じそ…2~3枚
・むき枝豆…15~16粒
・ベビーリーフ…少し
・はんぺん…1枚(90~100g)
・梅干…大1個

・白だし…大さじ2と1/2(ヤマキ割烹白だしを使用)
・しょう油…小さじ1
・みりん…大さじ1
・水…300ml

A)粉ゼラチン…5g
A)水…50ml

作り方

① 鍋に湯を沸かし、そうめんを茹でたら、冷水にとる。

② トマトの輪切りを2枚、グラスの内側に添わせる。ベビーリーフも1~2枚貼り付けるように、となりに置く。(べビリーフは、少し濡らすとグラスに張り付きやすくなります。)

③ ①のそうめんを少量(ひと口くらいの量)ずつ取り、まとめて②に入れる。

ポイント
そうめんは固まりやすいうえ、ゼリー液も入れるので、少量ずつまとめてひと口分ずつ入れると、すくい上げた時にその分だけ取れるので、食べやすくなります。

④ 小さな耐熱容器に、Aの水を入れ、その上に粉ゼラチンを振り入れたら、電子レンジ600wで20~30秒または溶けるまで加熱する。

⑤ ボウルまたは容器に、白だし、しょう油、みりん、水を入れたら、④も入れかき混ぜて、ゼリー液にする。

⑥ 氷水または冷水を張った大きめのボウルまたは入れ物に、⑤を浮かせて入れ、粗熱を取る。

⑦ ③にゆっくりと注ぎ入れる。

ポイント
ゼリー液を作ったら、少しとろみが付くくらいまで、しっかりと冷やします。そのままゼリー液をグラスに注ぐと、そうめんが浮いてきてしまうので、それを防ぐ役目があります。

⑧ 冷蔵庫に入れ、15~20分ほど冷やしたら、一旦取り出して、むき枝豆をランダムに適当な位置に配置し、再び冷蔵庫へ入れ、30分から1時間ほどまたは固まるまで冷やす。

※工程⑥でとろみが強く、むき枝豆が沈まなくなるまで冷えている場合は、冷やす手間が省けます。

⑨ 冷やしている間に、はんぺんはへら等を使い、潰してペースト状に、梅干しは叩いてから、両方を混ぜておく。

⑩ 残りのトマトは角切りに、みょうがは粗みじん切りまたは輪切りに、青じそは千切りにして和える。

⑪ ⑧に⑨と⑩、ベビーリーフを飾って出来上がり。

写真では、梅はんぺんを平らな丸型に成形しています。お好きな形で、適量をトッピングしてください。

お箸とスプーン、またはフォークで召し上がってくださいね!

ゼリー液は、白だしをメインに使いましたが、通常のめんつゆストレートをほんの少し薄めて代用すれば、材料も手間も省けます。

見た目も涼しい、「梅はんぺんとトマトのそうめんゼリー」をお家で、ぜひ、作ってみてくださいね。おもてなしにも使えますよ!

「#夏レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録