アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

パートナーと長続きする人には共通点があった!プロが教える3つの秘訣

筆者がキャリアカウンセラーとして出会った「パートナーと長続きする女性」には、コミュニケーションスタイルに、次の3つの共通点がありました。長続きするためには、どんなに距離が近くなっても、「自分も相手も尊重すること」が必要です。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

3つの共通点

①「Iメッセージ」で素直にまっすぐに伝える

まっすぐにものを伝えると、相手の心にもまっすぐに届きます。

例えば、寂しい思いをすると、それを嫉妬や怒りに変換して「どうしてあなたは○○してくれないの?」という言い方になってしまいがちです。「あなた」が主語になってしまうと、相手は、「決めつけられている」と感じます。

素直に「私は寂しかった」「私は会いたかった」と伝えましょう。

ポイントは、主語が「あなたは」ではなく、「私は」です。「私は~と思う」「私は~と感じる」と素直にまっすぐに伝えることです。

これを「Iメッセージ」と言います。「あなたは~」と言いたくなったら、「私は~」に言い換えましょう。

②過度に嫌なことはせずNOと言う

素直でまっすぐな女性は、嫌なことにはやんわりと「NO」を言うこともできるのです。

「NO」というのが苦手な人は多いと思うのですが、それは、「NO」と言ったら嫌われるのではないか、相手にダメージを与えるのではないかと不安になってしまうからではないでしょうか。

これは相手への配慮とも考えられますが、相手に対しても、自分に対しても誠実ではありません。相手は、あなたに言いなりになってほしいとは思っていないはずです。

我慢し過ぎると、知らず知らずのうちに「自己否定」が始まります。相手から大切にされないという気持ちが残ってしまいます。我慢はいつか爆発します。

相手への尊敬、感謝の気持ちを伝えたうえで、代案を提示しましょう。

③自分を大切にして媚びたりしない

媚びないというと、ちょっととがった感じがするかもしれませんが、相手をはねつけるという意味ではありません。

ただ、過剰に気を使ったり、心にもないことを言ったりして、自分を低くしないのです。それは、自分で自分の価値を認めているから、過度に好かれて認められようとは思わないのです。

「自分を認める」とは、相手にしてもらうことではなく、自分ですることです。

自分の心がグラスだとすると、水を一杯にしてほしいと相手に求めるのではなく、自分で水一杯にし、あふれ出す水で相手をも満たすことです。

コミュニケーションの語源は、「分かちあうこと」

コミュニケーションの語源は、ラテン語の「コムニカチオ(communicatio)」と言われています。

意味は、「分かちあうこと、共有すること」です。

自分の考えや思いを伝えることと、相手の考えや思いを受け取ること。この双方のキャッチボールができて、はじめて成立するのです。

親しくなればなるほど、キャッチボールのできる距離感がわからなくなります。相手の心に投げるボールは、距離が縮まるほど、速さや高さを工夫しましょう。

「#コミュニケーション」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■愛され女子はここが違う!ポイントは「愛の伝え方5パターン」
■婚活に悩む女子必見★全女子納得のしあわせな結婚の秘けつとは?
■ずっと仲良しでいたい♥長続きするために“やめる”べきこと5つ
■言わなきゃ損?けど重い?彼に「寂しい」を上手に伝える方法5つ
■マンネリ知らず♥愛する男性と長続きする女性の特徴5つ


執筆者:横田真由子



9

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録