ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
NG眉メイク

垢抜けないのは「眉」のせいです!プロが教える!今っぽさが出ないNG眉メイク3選

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。「最新コスメを使ってメイクをしてみても、なんだか垢抜けない」そんなお悩みの原因は、眉にあるかもしれません。今回は、今っぽさが出ないNG眉メイクと改善方法についてお伝えします。

目次

NG①:ぎっちり描き込んだ「塗りつぶし眉」

眉メイクで大切にしたいのは、眉毛本来の自然な質感。その質感が損なわれてしまうほど眉を描きこむと、隙のない眉毛になり、やりすぎ感が漂ってしまいます。

このように、眉頭から眉尻まで塗りつぶすように描きこんだ眉は、重たく堅苦しい印象になります。

自然な質感に仕上げるコツは、スクリューブラシで眉をぼかすこと。「描く→ぼかす」を繰り返して描き上げることで、ふんわりとした眉になります。

こちらはNGメイクをぼかして整えた状態です。NGの状態と比べると空気感が漂い、やわらかな眉に変わりました。

NG②:毛の黒さが悪目立ちする「色ムラ眉」

抜け感を出すときには、眉を明るめにするのがおすすめです。眉の色が明るくなるだけで、顔全体の印象も垢抜けやすくなり、雰囲気が一変します。

ただし、明るく仕上げるときは、色ムラにご注意を。アイブロウペンシルやパウダーでは眉毛そのものに着色することが難しいため、眉の色が浮いて見える可能性が。

眉毛そのものが黒いままだと、描いた部分の色が明るければ明るいほど、色のギャップが目立ちます。

色ムラが気になるときは、アイブロウマスカラの出番です。眉毛そのものをカラーリングできるため、簡単に全体のトーンを整えることができます。

NG③:ベッタリマスカラでダサ見え「明るすぎるカラー眉」

抜け感狙いといっても、眉を明るくしすぎるのはNG。とくに、アイブロウマスカラの選び方には注意したいところです。

アイブロウマスカラを選ぶときの注目ポイントは、液のつき具合です。

トーンが近い2色のアイブロウマスカラを用意してみました。上のピンク系はかすれるようなつき方、下のブラウン系はたっぷりとしたつき方になります。

下の方がしっかり発色してよさそうに感じるかもしれませんが、アイブロウにおいてはやりすぎ感が出やすく注意が必要です。

NGメイクでわかるように、液がべったり絡んだ眉は高発色になりすぎたり、マスカラの存在感が強く出すぎたりして、不自然な仕上がりになりやすいです。また、明るすぎるブラウン眉は派手なイメージになりやすいでしょう。

OKメイクでは、上のかすれるようなつき方のアイブロウマスカラを使っています。明るめピンクでもやりすぎ感がなく、ふんわりと自然な印象に仕上がりました。

垢抜けた今っぽい眉をつくるには、ただトレンドを追うだけでなく、上品かつ美しい仕上がりを目指したいもの。ポイントをおさえておしゃれな眉メイクを楽しんでくださいね。


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録