ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク NGメイク アラフォー

ブラウンも要注意!?すっぴんよりも老けて見える「アラフォー女子のNGアイメイク」4選

美容ライターの遠藤幸子です。年齢とともに似合うファッションが変わるように、似合うメイクも変わってきます。特に40代からはメイクをした方が老けて見えてしまうことも…。今回は、すっぴんより老けて見える40代がやりがちなNGアイメイクをご紹介します。

目次

【NGアイメイク①】グラデーションメイク

40代ともなると、自分では気がつかないうちにまぶたが下垂している可能性が高いです。そのため複数色を用いたグラデーションメイクをすると、目を開けた時に理想の位置にそれぞれの色が入らずに老けて見えることがあります。

40代以降はシンプルなアイメイクがベスト。使用するアイシャドウは、単色もしくは2色までとしましょう。そして、締め色を使う場合には、二重幅を超えないように心がけることが大切です。

【NGアイメイク②】下まぶたにもダークカラー

下まぶたメイクが当たり前になった昨今、下まぶたに纏う色にも注意が必要です。

40代は目元のくすみに悩む方が多く、下まぶたにダークカラーを纏うと目ヂカラがアップするどころか怖く見えたり、老けて見えたりしてしまいます。

そのため40代からはアイホール全体に塗ったメインカラーよりも淡い色を下まぶたに塗るのがベスト。そうすることで抜け感を出すだけでなく、目元を明るく見せる効果が期待できます。

【NGアイメイク③】アイホール全体にブラウンアイシャドウ

誰もが1個は持っていそうな定番のブラウンアイシャドウ。40代からはアイホール全体に塗るのは避けるのがベスト。なぜなら目元のくすみと一体化したり、目が窪んで見えたりして老けて見える可能性が高いからです。

40代を過ぎたら目元には明るさが必要で、しかもできるだけまぶたをふっくらとして見せた方が若々しく見えます。

細かい粒子のパールが配合された艶やかなもので、尚且つまぶたを明るくふっくらと見せる、シャンパンベージュや薄いピンクなどのアイシャドウをメインカラーとするのがおすすめです。

【NGアイメイク④】全体的に盛りすぎ

年齢とともにまぶたの下垂しやすく、その結果10・20代の頃よりも目ヂカラがダウンしがちなのが40代以降です。

また、40代になると目元よりも顔の下半分に老化、例えば、ほうれい線やフェイスラインの緩み、頬の位置の低下などに悩む方が増えます。

そうすると、他人の視線を上に集めることでそういった悩みをカバーしようとする方が多く、ついついアイメイクを盛りがちです。しかし、派手に盛りすぎてしまうと、かえって目元のくすみを悪目立ちさせ老けて見せることにつながります。

そのためアイライナーはまつ毛の隙間を埋めるように細めに入れることで引き締め、マスカラはセパレート力や長さ、カール力にこだわりましょう。

アイシャドウも肌なじみのいいカラーでナチュラルに仕上げるのがベストです。

いかがでしたでしょうか。今回は、すっぴんより老けて見える40代がやりがちなNGアイメイクをご紹介しました。

当てはまるものがあればこの機会に見直し、自分を若々しくキレイに見せるメイクにアップデートしましょう。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録