ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク ブラウンメイク

定番ブラウンの垢抜けにはコツがいる♡今っぽブラウンアイメイクのやり方

シーンを選ばずどんな方でも取り入れやすい、永遠の定番といえばやっぱりブラウンアイメイクですよね。そんな定番ブラウンアイメイクですが、トレンドに合わせてアップデートしていくことで垢抜けが叶います。今回はブラウンを使用した今っぽメイクのコツをご紹介します。

目次

使用コスメ

今回のアイシャドウは【CANMAKE パーフェクトスタイリストアイズ 19】の右側2色を使用しました。

TPOを選ばず使いやすい、肌なじみが良いブラウン系のパレットです。

ブラウンアイシャドウの塗り方①

アイシャドウの塗り方から順に解説していきます。

まずは上まぶたからです。

パレット右上の中間色を大きめのブラシに含ませ、アイホール全体にふんわりと入れます。

グラデーションは意識しなくても良いですが、ブラシをよく動かしてアイシャドウを乗せた部分と肌の色の境目をしっかりとぼかしてなじませるのが、綺麗に仕上げるコツです。

ブラウンアイシャドウの塗り方②

続いては下まぶたです。

下まぶたにも上まぶたで使用した色と同じものを塗ります。

小さめのブラシで目尻側から細く入れていくようなイメージで塗っていきます。

ナチュラルに仕上げたい場合は黒目の下あたりまで、涙袋をぷっくりさせたい場合は目頭までアイシャドウを入れるのがおすすめです。

ブラウンアイシャドウの塗り方③

アイシャドウの仕上げに締め色を入れていきます。

パレット右下の締め色をチップに取り、上まぶたのキワに細く入れていきます。

まつ毛から5mmほどの範囲を目安にして、アイホールに入れたカラーとなじむように軽くぼかしながら入れていきましょう。

ブラウンアイライナーの引き方

ブラウンアイメイクの場合、一体感を出すためにアイライナーもブラウンを使用するのがおすすめです。

先に塗ったアイシャドウの締め色で目の輪郭を強調できているため、アイラインは目尻側のみ引きます。

目尻側のみにすることで失敗しづらく、また抜け感のある印象に見せることができます。

ペンシルアイライナーを使用してアイシャドウの締め色と繋げるようにスッと引きましょう。

完成したメイクがこちら

ブラウンメイクの完成です。

定番のブラウンカラーでもメイクのコツを押さえることで今っぽい垢抜けアイメイクに仕上がります。

毎日のメイクに取り入れて、いつものブラウンメイクをアップデートしてみてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

kana.s

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

michicos

カテゴリ

michill 公式アカウント

michicos
ログイン・無料会員登録