アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ふたえライナー アイメイク

一重・奥二重・二重さん全員マネして♡デカ目メイクと相性◎の「ふたえライナー」活用テク3選

/

今回は「ふたえライナー」の活用術3つをご紹介します。目の二重ラインを強調できるこちらのアイテム。使いこなせなさそうという方や、そもそも一重だから使い道がないと思っている方でも使える方法をまとめましたので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

他のおすすめ記事を読む
40代の眉メイク
実年齢よりも老けて見えるのは眉のせい?40代の眉を今っぽくチェンジする方法

目次

用意するもの

今回はセザンヌの描くふたえアイライナーを使用しました。

使いやすく、プチプラでコスパの良いアイテムです。

全2色展開のため、肌の色に合わせて色を選べるのが◎。迷ったら10番でOKです。

ふたえライナーを使わず、今あるもので代用したいという方は、「グレージュ」や「ライトブラウン」などの色が薄いリキッドアイライナー、あるいはアイブロウペンシルを使ってみてください。

ふたえライナーを使ったメイクで、あると便利なアイテムもご紹介します。

描いたラインをなぞってぼかすのに、アイブロウブラシがおすすめ。ひと手間でよりナチュラルに仕上がります。アイブロウブラシがないという方は綿棒でも可です。

描いたラインを薄くするのに、マットな明るいベージュのアイシャドウを用意しておくとさらに自然な仕上がりになります。アイブロウパウダーでもOK。

キャンメイクのこちらのアイシャドウは、涙袋とも相性の良いラメカラーも入っているため特におすすめです。

こちらを使ってこれから3つの使い方をご紹介していきます。

使い方1:二重ライン拡張

まずご紹介するのは、二重ラインを強調させる方法。

やり方は、二重ラインにそってラインを引くだけです。

むくみによって二重のラインがぼけてしまった日や、二重形成アイテムで二重を作ったときなどに取り入れると、目の印象がよりはっきりします。

目尻側は少し長めに引くことで、目の横幅が広く見える効果も期待できます。

ラインは細く引くだけ十分効果が出るため、やりすぎ注意です。

使い方2:目のサイズアップ

次は、さりげなく目のサイズを大きくする方法。

アイシャドウをシンプルに仕上げておき、下まぶたにラインを少し入れて目元の存在感をアップさせます。

色が薄いのと先が細いため、塗った感が出ないのが良いところ。

写真のように目のバランスを見て、目の縦幅からはみ出ないラインを意識してみてください。

目尻側にラインを入れたことでたれ目効果が出ました。

こちらも塗った後ブラシでなじませたり、マットシャドウを重ねるとより自然に仕上がります。

使い方3:涙袋作成

最後に、涙袋を作る方法です。

涙袋(ない方は下まぶた、まつ毛の生え際から5ミリ下くらいのところ)に、写真のようにラインを入れます。

引いた直後、ラインをすぐにぼかします。すぐに乾いてしまうのでスピード勝負です。

ぼかした後は、マットシャドウを重ねてみてより自然になるよう調整してみてください。

最後に涙袋の上に少しだけラメ・パールシャドウを乗せると、立体感が出てよりリアルに仕上がります。

目の縦幅が大きくなり、かなり印象的な目元を作ることができます。

いかがでしたでしょうか?1つあるだけでかなり使い道が豊富なふたえライナー、毎日メイクにぜひ取り入れてみてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

まりこ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録