アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉 美眉 コツ

マネするだけで誰でも美眉に♡プロが教える「美眉になれるメイクのコツ」3選

  • 4209 views

アイ&アイブロウリストのYOKOです。今回は誰でも美眉になれるポイントを3つご紹介します。ちょっと盛りだくさんですが、これができると本当にキレイな眉毛になるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

やっぱり基本が一番大切!黄金比を知ろう

まずは基本の黄金比をマスターしましょう!

この3点をおさえれば平行眉も、アーチ眉もどちらも自分に似合わせることができます!

3点がわかればあとは自分の好きな眉の形を描いてみます。今回は平行眉を描いてみました。

ナチュラル系が好きな方は枠からはみ出た毛はそのままで、「かわいい・かっこいい・垢抜けたい・仕事ができそう」のような印象を持たれたい方は、しっかり処理するのがオススメです。

余分な毛が無い方がどこを描いたら良いか分かりやすくなるのでメイクが楽になります。

眉毛の描き方のポイント!

眉の描き方のポイントは、眉頭に向かって薄くしていくこと!

仕上げたいカラーのペンシルやパウダーを使う人がほとんどですが、実は眉毛の足りないところにはそれよりワントーン暗めの方がオススメなんです。

理由は、その方が毛のあるところと無いところの色の差がなくなるからです。

細めで暗めのペンシルで1本1本眉を描く様に毛の無いところを補った後で仕上げたいカラーのパウダーを乗せるととても自然な仕上がりになります。

眉頭も重要で、左右の眉毛の間隔が開くと全体的にのっぺりとした印象になってしまいますが、小鼻の内側くらいからきちんとスタートさせると鼻筋の通った目元に見せる事ができます。

ポイントは、『眉頭は薄く描く』です。

見落としがちな毛流れ。整うと一気に垢抜ける!

仕上げのポイントは下記の2つです。

・眉毛溜まりを無くす

・色ムラを解消する

上の写真のように毛が溜まっていると濃く見えてしまいますが、意外とブラシでとかすだけで簡単に解消できます。

クリアコーティングや眉マスカラを塗ってからとかすとキレイな毛流れをキープできるのでおすすめです。

眉マスカラは全体に塗っても良いのですが、眉頭と眉毛溜まりの所に塗ってブラシでとかす方が色ムラが無くなり、自然と眉尻が少し暗めになるので眉毛にメリハリが生まれてお顔の立体感がアップします。

キレイめにしたい人やお仕事メイクの時は、眉毛用のハイライトで眉毛のアウトラインを整えてあげるのもおすすめ。

すっきりした印象になり眉周りの透明感もアップします。

ハイライトを上手に使うと、元々アーチ眉の人も平行眉に見せる事ができたり、より理想の眉毛に近づける事ができます。

いかがでしたか?眉毛はお顔の印象の8割を決めると言われる重要なパーツ。ちょっとした一手間で印象がグッと良くなるので参考にしていただけたら嬉しいです。


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

YOKO

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録