アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

せっかくの小悪魔メイクも台無しに!男ウケの悪いメイク崩れしないための仕込みテクニック

ふと鏡をみたときに、メイクの状態がひどくてガッカリしたことがありませんか?湿度が高い夏は「メイク崩れ」がつきもの…。男性が見ても「ドン引き」すること間違いなしですよね。というわけで今回は、男性がチェックしてしまう「メイク崩れ箇所」とともに、崩れないようにするためのワンポイントテクをご紹介します!

目次

1.ファンデーションが崩れている

もっとも意見が多いのが「ファンデーションが崩れている」「浮いている」という声でした。ファンデの崩れは、近くで見ると「あれ、なんか肌が…汚い?」と男性をガッカリさせる一番のポイントです。

「近づいたときにファンデーションが崩れていると『肌が汚く見える』ので、ドン引きしてしまいます」(29歳・通信会社勤務)

夏のファンデ崩れは「潤いケアを強化」すると防止することができます!この時期はベタつきが気になって保湿ケアを念入りにしないこともありますが、肌は乾燥していると皮脂を多く分泌して「テカリ」「メイク崩れ」の原因になるのです。

朝、メイク前にたっぷり化粧水を入れ込み、仕上げに乳液やクリームを。コットンパックで潤いを閉じ込めると肌の水分と油分のバランスがよくなり「皮脂によるメイク崩れ」を防ぐことができます。

また「うぶ毛」もファンデとの密着を邪魔して崩れやすくなるので、定期的に処理するのがオススメです。

崩れにくいリキッドファンデを塗ったあとに「フェイスパウダー」を軽くのせると汗や皮脂を吸収してベタつきや崩れを抑える効果もアップします。

2.汗で眉毛が消えてしまっている

汗をたっぷりかくと「眉毛が消える」という残念な顔に…男性的にも「眉毛がないと怖い」と引いてしまいます。せっかくアイブロウパウダーやマスカラで「垢ぬけ顔」を作ったのに台無しになってしまいますよね。

「夜デートで彼女の顔を見て『眉毛が消えている』と悪い意味でドキッとします!(笑)なんか昼と顔の印象が違くない…?と密かに思うのですが」(30歳・アパレル関連)

消えやすいアイブロウは「肌をサラサラにした状態でメイクする」「外出先で汗や皮脂をこまめにケアする」で改善しましょう!

眉メイクをするまえに、眉周辺の肌を触ってベタベタしている状態でメイクすると崩れやすくなります。

眉周辺は軽くティッシュオフ、お粉をのせてサラサラの状態にしてから行うことがポイントです。アイブロウパウダーのみでは消えやすくなるので、アイブロウマスカラ、ペンシルも合わせて使うといいでしょう。

3.アイラインがにじんで目元が黒い

目をぱっちりさせるためアイラインをしたのに、気づいたら「にじんで落ちている」ことも。男性も「目元が黒くなっていてビックリする」「目のクマが濃い?」とドン引きするメイク崩れの代表パーツです!

「目の下が黒くなっている女性!クマが濃いみたいで疲れてみえるし、目元が黒くなっていると『怖っ!』と引いてしまう」(28歳・飲食関連)

キレイなアイラインをキープするためには「目の周りの余分な油分をしっかり取り除く」「フェイスパウダーで目周りをサラサラにする」。この2つの下準備がポイントになります! 

保湿ケアをしてファンデを塗った後、アイラインを引くまえに「綿棒やティッシュ」をつかって、目の周りの余分な皮脂や油分を取り除きます。

次にフェイスパウダーを軽くのせて、ベタつきを軽減してからラインを描くと崩れにくくなります。ラインをひいた後も、仕上げにお粉で軽くおさえるとモチがアップします!

夏はメイクが崩れやすい…とゲンナリしてしまうこともありますが、こんなポイントを意識すると「崩れにくいメイク」に仕上がります!

彼にドン引きされないようにメイク前の「仕込み」もしっかり行いたいですね!

「#メイク崩れ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■そんなところ?男性に聞いた初対面で気になるメイクの4ポイント
■あなたもやってない?男性が萎えるNGメイクチェックリスト
■あなたのメイク、オバさんっぽくない?老け見えNGメイク5つ
■あなたのメイク、ここがNG!プロに習う正しい美人メイクのコツ
■あなたは大丈夫?濃いリップを塗るときに気を付けたい5つのコト


/

この記事の著者

松はるな

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録