アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

あなたのメイク、オバさんっぽくない?老け見えNGメイク5つ

自分をキレイに見せようとして毎日しているメイクで、損をしているということがよくあります。特に気をつけたいのは、実年齢以上に老けて見えてしまっている「老け見えメイク」。今すぐに見直したいところです。そこで、今回はオバさんっぽく見えてしまう「老け見えNGメイク」をご紹介したいと思います。

目次

①ダークカラーをメインにしたアイメイク

ダークカラーをメインにしたアイメイクは、目の周りのくすみと一体化したりして老けて見えてしまうメイクのひとつです。
立体感を出すためにダークカラーのアイシャドウを目の際に使う場合には二重幅程度までにとどめ、アイホール全体には肌馴染みが良く、顔色がパッと明るく見えるような色のアイシャドウを纏うのがおすすめ。

また、アイライナーや締め色のアイシャドウで目元を囲むメイクをしている人も多いと思いますが、これもNGメイク。老けて見えるだけでなく、近寄りがたい印象を人に与える可能性があります。
ダークカラーはまぶたの上だけにとどめ、目の下には瞳が澄んで見えるような淡い色を目頭に入れるのがおすすめです。

②厚塗り&マットなベースメイク

年齢を重ねると気になる肌悩みが増えていきます。そして、そういった肌悩みをカバーしたいと思うあまり、ついついファンデが厚塗りになってしまうことがあります。

しかし、肌の透明感を欠いたベースメイクは老けて見えてしまうことに。そのため気になる肌悩みがあれば、コンシーラーやコントロールカラーでカバーし、ファンデは薄塗りを心がけましょう。

また、マットなファンデも肌のツヤを欠いて老けて見えてしまうことに。
ファンデの形状でいうと、パウダリーファンデはその傾向にあるので、化粧下地などで調整して適度なツヤのある仕上がりを心がけましょう。
パウダリー以外の形状のファンデでもマットなものは避けるのがベターです。

③骨格を強調しすぎるメイク

凹凸が少なく、のっぺりとした印象に見えてしまうことにコンプレックスを抱えている人は多いのではないでしょうか。
そんな人にとって骨格を強調するようなメイクはとても魅力的です。実際のところシェーディングやハイライトを使うと立体感が出て小顔に見えたり、頬がリフトアップして見えたり、生き生きとした表情に仕上がることがあります。

しかし、だからといって肌とかけ離れたダークカラーでシェーディングを入れたりして骨格を強調しすぎたメイクをすると、頬がこけて見えたりして老けて見えることがあります。

そのため、シェーディングはあくまでも自然に入れることが大切です。ただし、練り状などで肌にスッと溶け込むような仕上がりになる場合にはダークカラーのシェーディングでもOKです。

④縦じわクッキリのマットリップ

流行りのマットリップは小洒落た印象に見えたりする素敵なアイテムではありますが、唇の縦じわを悪目立ちさせることがあるので注意が必要です。

また、年齢を重ねるとツヤのあるメイクの方が若々しい印象を与えることができるので、自分の肌などと相性を確認のうえ、リップは慎重に選ぶことが大切です。

⑤チークの位置が下すぎるメイク

チークを入れる位置は年齢とともに変わってくることを知っていますか?
にも関わらず、ずっと頬の中央にチークを入れていると老けて見えてしまうことに。

なぜなら、加齢によって頬の位置が徐々に下がるのですが、それをメイクで余計に強調することになるからです。

そのため、個人差はあるものの、少なくても30代後半からは頬のトップより高めの位置にチークを入れるのがおすすめです。

今回は、オバさんっぽく見えてしまう老け見えNGメイクをご紹介しました。当てはまるものがあれば今すぐに見直しましょう。

「#NGメイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■あなたのメイク、ここがNG!プロに習う正しい美人メイクのコツ
■そのやり方、ブス顔の原因かも!絶対NGな小顔マッサージとは?
■そのリップ、何年前のもの?知っておきたい化粧品の使用期限
■知らずにやってるNG行動!ブスの原因はここにあった!
■私なら絶対に食べない!プロが教える実は危険な5つの食べ物


/

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録