アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

アレンジ無限!鍋任せで作る冷たい常備菜「夏野菜のラタトゥイユ」

南フランスの夏野菜を煮込んだ「ラタトゥイユ」は、お鍋にたっぷり作って、夏の作り置きに常備しておくと、とっても重宝します!今回は、ラタトゥイユのレシピと、ラタトゥイユを活用したアレンジレシピを3品紹介します♬

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 50分

このレシピを試すのにかかる金額

  • 約400円

ラタトゥイユ・レシピ

なす・トマト・パプリカ・ズッキーニなど、夏が旬のお野菜をお鍋にたっぷり入れて炒めたら、あとはコトコト煮込むだけ!みずみずしい夏野菜から出る水分で煮込むので、味付けもシンプル!野菜の旨味たっぷりな、とっても美味しいラタトゥイユの完成です♬

材料

なす 3本
玉ねぎ 1個
パプリカ(赤黄) 各1個
ズッキーニ 1本
トマト 2個
にんにく(みじん切り) 1片分
オリーブオイル 大さじ2杯
◎白ワイン 大さじ1杯
◎ケチャップ 大さじ3杯
◎塩 小さじ1杯位
◎ローリエの葉 1枚

作り方

① なすは1㎝の輪切りにして水に10分程晒してアクを抜いた後、水気を切っておく。

② 玉ねぎ・パプリカは一口大にカット、ズッキーニは1㎝の輪切り、太めのズッキーニなら半月切りにカットしておく。

③ トマトはざく切りにしておく。

④ オリーブオイルを熱した鍋(STAUB使用)ににんにくを入れて炒め、香りが立ったら1・2を加えて炒める。

⑤ ④に、③・◎を加えてフタをして、弱火で30分程煮込む。

⑥ 味見をして、足りなければ塩で味を整え、そのまま放置しておき、冷めたら鍋ごと(または、保存容器に移して)冷蔵庫で保存する。

できあがったラタトゥイユは、熱々でも勿論論美味しいのですが、やっぱり暑い日には、冷んやり冷たいラタトゥイユがオススメです。

たっぷりのお野菜で煮込むと美味しいですし、作っておくと、いろんなアレンジが楽しめます!

ラタトゥイユのアレンジレシピ

トーストにラタトゥイユ

軽くトーストした食パンに、冷たいラタトゥイユを乗せたり…

ラタトゥイユの冷製パスタ

ラタトゥイユをパスタソースに仕立て、冷製パスタに!

材料(1人分)
パスタ(カッペリーニ) 80g
オリーブオイル 大さじ1杯
ラタトゥイユ 200g
パルミジャーノレッジャーノ(粉チーズ) 少々

作り方
① パスタを袋の記載通りに茹でて湯を切り、氷水に晒して締めて水を切ってボウルに入れ、オリーブオイルを加えて絡め、更にラタトゥイユを加えて絡める。

② お皿に盛り付け、パルミジャーノレッジャーノを削ってかける。

ラタトゥイユのカフェ丼

ラタトゥイユはごはんにも合います!目玉焼きを乗せてごはんと一緒に盛り付けたら、カフェ風の丼ぶりに♬

材料(1人分)
ラタトゥイユ 200g
目玉焼き 1個
ごはん 茶碗1膳分
グリーンカール 1/2枚
パセリ(みじん切り) 少々
醤油(お好みで) 少々

作り方
器にグリーンカールを敷いてごはんを盛り、ごはんの横にラタトゥイユを盛り、目玉焼きを乗せてパセリを散らし、お好みで、醤油を垂らす。

ラタトゥイユを作り置きしておけば、冷蔵で3日は持ちますし、保存袋に小分けにして冷凍しておいたら、1ヶ月は日持ちするので、作る時はまとめてたっぷり煮ておくのがオススメです。

煮込み料理は、たっぷり作ると尚更美味しいですしね!

旬の夏野菜をたっぷり使って、ラタトゥイユを夏の常備菜にしてはいかがでしょうか♬

「#トマト」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■麺つゆだけでできる!糖質オフのかんたん夏野菜の焼き浸し
■ヘルシーな常備菜。意外と簡単!彩りピクルス5種
■美味しく食べてダイエット!ゴーヤとトマトの簡単夏レシピ2種
■今が旬!みんなが大好きナス料理!簡単レシピ3選
■カラフルトマトがシュワシュワ☆夏の爽快!モヒートゼリー


執筆者:sachi



104

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録