アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

子どものサンダル選びについて

夏の靴売り場にはたくさんのサンダルが並びます。子どもたちはキラキラした華奢なヒールのあるサンダルを欲しがりがちですが、そういうものを買うと後々けっこう大変なのでした…。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

きれいなサンダルがいっぱい

夏の靴売り場は目立つところにサンダルがたくさん並んでいます。特に小さい女の子用のコーナーはキラキラでヒール付きのお姫様のようなかわいらしいサンダルがいっぱいで、子どもたちの目はもう釘付けになってしまいます。

親としては歩きやすく疲れにくい、そして丈夫なものを買いたいのですが、子どもたちはそんな事全く気にしていないので見た目の可愛さだけで「これがいい!」となってしまいます。

せめて、キラキラでも華奢でもいいからヒールのついてないものをと探してすすめてみても、いまいち気に入らない様子…。

いつもは「お姫様みたいなのはすぐ疲れるからダメだよ。」と言って気をそらせたりしていたのですが、私自身幼い頃にあまり実用的ではないけどかわいい靴を買ってもらってとても嬉しかった事を今でも覚えていたりするので、そんな思い出にでもなればいいかなと子どもたちの欲しがるサンダルを買う事にしたのでした。

子どもたちは大喜びで、それだけでも良かったなと思いました。

買うと決めたら必要なもの

ただ、こういった華奢なヒール付きのサンダルを履いて出かけるとなると、後々どうなるかは目に見えています。

ものの数分と経たないうちに「足が痛い、もう疲れた!」と騒ぎ出すに決まっているのです。それが分かっているので、私は出かける時に子どもたちが履きなれている楽なサンダルを手提げ袋に入れて持って行ったのでした。

案の定すぐに次女がぐずり始め、続いて長女も音をあげキラキラサンダルは出かけているほとんどの間、私が袋にぶら下げて持っている、という事になったのでした。

出かける時に荷物が増えるのは出来るだけ避けたいのですが、もし履き替え用のサンダルを持って行かなかったら次女をおんぶしながらグズる長女をなだめつつ歩く、という苛酷な状況になってしまうのが分かっているので仕方がありません。

楽ないつものサンダルに履き替えた子どもたちは、開放感で生き返ったように飛び跳ねて遊んでいます。
でも時々思い出したように「やっぱりあれ履く!」と言ってきます。

その度に袋からサンダルを出したりしまったり…。華奢なサンダルは脱ぎ履きにも時間がかかるし、繊細な作りなのでちょっとした事でストラップの留め金が外れたり、飾りの部分が取れてしまったりするので本当に大変です。

それでも良かったと思うこと

そんな感じなので本人たちも次第に面倒になるらしく、「今日はあれ履いていかないの?」「うーん、今日はいいかな…。」という風に、キラキラサンダルの出番は自然と減っていくのでした。

もったいないなぁ、とも思うのですが、出掛けた先でかわいいサンダルを履いた女の子を見かけた時など姉妹で「あれかわいいね。」「かわいい!でもうちらも家にかわいいのあるもんね。」「うん!」などと楽しそうに話し合っているのを見ると、すぐ疲れてしまうからあまり履く事ができなくても、大人になって記憶に残らなくても、今子どもたちが思い浮かべるだけで嬉しくなるようなサンダルが家にあって良かったな、と思うのでした。

「#子育て」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■大切な気持ち、伝えてる?なかよし家族の秘密は…「愛してる」
■外出時に持っていく子どものおやつベスト3
■我が子たちがすぐに眠るようになった、お休み前の読み聞かせ。
■子どもにおすすめなボードゲーム「おばけキャッチ」ルール紹介♪
■靴ずれの緊急対策!剥がれない絆創膏の付け方教えます!


執筆者:中島めめ

更新日:2018年8月8日


114

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

よく読まれています

COMING SOON

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

COMING SOON
ログイン・無料会員登録