美味しく食べてしっかり節約!1人前150円!10分以内でできるコスパレシピ3選

更新日:2022年10月19日 / 公開日:2022年10月16日

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。食品の値上げ続きで、やりくりが大変!という悲鳴が聞こえてきそうな今日この頃。そこで、今回ご紹介するのは、一人前150円程度で出来る財布に優しいメイン料理3選。しかもどれも10分以内に出来上がります。

このレシピを試すのにかかる時間

  • とろとろカニカマ卵丼 8分
  • カレーそぼろ丼 10分
  • 豆苗コーンチヂミ 10分

失敗なし!とろとろカニカマ卵丼

家計に優しいカニカマと卵を使った中華風の丼です。とろみをつけたスープに卵を入れるので、卵が固くなりすぎる失敗がなく、とろとろに仕上がります。

材料(1人前)

ご飯 多めに1膳
卵 2個
かにかま 4本
青ねぎ 1本
しめじ 1/4袋
おろししょうが 小さじ1/4
ごま油 小さじ1
マヨネーズ 大さじ1/2
A水 100ml
A鶏がらスープの素 小さじ1/2
A醤油 小さじ1/2
A日本酒 小さじ1(あれば)
A塩・こしょう 少々
B片栗粉 小さじ1
B水 小さじ2

作り方

① 卵はボウルに割り入れて溶きほぐし、マヨネーズを少々入れて混ぜておく。

② フライパンにごま油を入れ、しめじを軽く炒めたら、裂いたカニカマとおろした生姜を入れて炒める。

③ ②にAを加えて強火にかけ、沸騰したら弱火にする。Bを合わせて、フライパンを混ぜながらすこしずつ加え、中火で混ぜながら1分ほど加熱する。

④ 卵を入れて、ゆっくり大きく混ぜる。卵がふんわり固まったら、青ねぎを入れる。

⑤ 器にご飯を盛り、④の卵をかける。

プラス食材にしめじを使いましたが、食感のあるえのきだけや、薄切りのしいたけを入れるのもおすすめです。

シャキシャキ食感で食べ応え満点!カレーそぼろ丼

いつものカレーも、食材を変えて、費用も作る時間も大幅カット!もやしとひき肉を使うので、ほぼ包丁を使わず出来上がります。めんつゆを加えた和風の味付けで、もやしがシャキシャキと食べ応えもありますよ。

材料(1人分)

ご飯 多めに1膳
もやし 100g
ひき肉 60g
おろししょうが 小さじ1/2(あれば)
カレールウ 1片(1皿分)
めんつゆ 小さじ1
水 100ml
青ねぎ 1本
サラダ油 小さじ1

作り方

① フライパンにサラダ油を入れて、ひき肉、おろししょうがを炒める。

② ひき肉に火が通ったら、もやしを入れてさっと炒め、めんつゆ、水を入れて強火で加熱する。

③ 沸騰したら火を止め、カレールウを砕いて入れて混ぜる。弱火にかけて5分ほど加熱する。

④ 器にご飯、カレーを盛り付ける。小口切りにした青ねぎを散らす。

辛いのが好きな方は、七味唐辛子を振って、卵黄をプラスすれば、マイルドになり、栄養もアップします!

カリもち!豆苗コーンチヂミ

豆苗をたっぷり入れたチヂミは、チーズを入れてボリュームアップ。早く火が入るように生地少なめのレシピです。カリっと焼いて、焼きたてあつあつを召し上がってください!

材料(1人分)

豆苗 1パック(100g)
コーン缶 50g
シュレッドチーズ 30g
ごま油 大さじ1
A小麦粉 25g
A片栗粉 20g
A水 大さじ3
A鶏がらスープの素 小さじ1/2
Bポン酢 大さじ1
Bごま油(またはラー油) 適量
Bすりごま 小さじ1

① 豆苗は根元で切り、長さを3等分に切る。

② ボウルにAを入れて混ぜ、豆苗、コーン、シュレッドチーズを混ぜる。

③ フライパンに小さじ2のごま油を入れて中火にかけ、②の豆苗の生地を入れて、フライパン全体に広げる。

④ カリッと焼き色が付くまで3分ほど焼き、裏返す。鍋肌から残りのごま油を入れて、裏目もカリッと焼く。

⑤ 食べやすく切って皿に盛り付ける。Bを混ぜたタレを添える。

ひっくり返すときは、皿を使ってひっくり返すと失敗なくできます。

チヂミは、フライパンに押し付けて焼くとカリッと仕上がりますが、このチヂミは、豆苗がぺちゃんとしてしまうので、押し付けずふんわり&カリッと焼いてください。

ささっと作る節約料理ですが、お気に入りの器に盛り付ければ、節約のさみしさはなくなって、楽しく食事ができるように思います。

節約しながら、おいしく楽しく!忙しい日々の食事作りのレパートリーに加えていただけたら嬉しいです。

「#節約レシピ」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録