アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

定番こそ美味しい♡覚えておきたい基本のパウンドケーキの作り方

/

料理研究家・調理師・食育インストラクター・野菜ソムリエのsachiです。皆様おなじみパウンドケーキ は、イギリス発祥のバターケーキですね。今回は、基本中の基本なパウンドケーキ の作り方をご紹介します。これさえ覚えておけば万能なので、ぜひ覚えて下さいね。

他のおすすめ記事を読む
鶏もも1枚で2品完成!野菜たっぷりジューシー棒棒鶏とワサビ香る鶏皮の胡瓜和えの献立

目次

これさえ覚えておけば万能!基本のパウンドケーキ

イギリス発祥のパウンドケーキ は、バターが1ポンド(パウンド)に1ポンドの小麦粉、砂糖も卵も1ポンドと、材料全部が同量の1ポンドずつってところから名付けられました 。この分量、1度作ったら忘れられないケーキですね。

材料(8×20×7cmのパウンド型1台分)

バター 120g
粉砂糖 120g
卵黄 3個分
ラム酒 大さじ1杯
レモン皮すりおろし 1個分
レモン汁 大さじ2杯
卵白(L) 2個分
薄力粉(エリクチュール) 120g
※卵は、卵黄の重さはサイズに関わらず同じサイズで、卵白の重さが変わってきます。

下準備

・パウンド型にクッキングシートを敷いておきます。
・薄力粉は振るっておきます。
・卵黄・バターを常温に戻しておきます。
・卵白は使う寸前まで冷蔵庫で冷やしておきます。
・オーブンを180℃に予熱しておきます。

作り方

① ボウルにバターを入れて、ホイッパーで白っぽいクリーム上になるまで攪拌し、粉砂糖の半量を加えて滑らかに混ぜ合わせ、卵黄を1つずつ加えてその都度混ぜ合わせ、ラム酒・レモンの皮すりおろし・レモン汁を加えます。

もう一方で、別のボウルに卵白を入れて泡立て、残りの粉砂糖を加えて、充分固くなるまで泡だてます。

② ①のバタークリームにメレンゲを1/3量加え、ホイッパーで滑らかに混ぜ合わせます。

③ 振るった薄力粉をふるいを通しながら加え、練らないようによく混ぜ合わせます。

④ 残り2/3量の卵白を加え、ゴムベラでさっくりと均一に混ぜ合わせます。

⑤ ④の生地をクッキングシートを敷いたパウンド型に流し入れ、中央に火がよく通るように、中央を少し窪ませるようにしておきます。

予熱が完了したオーブンに入れ、始めの約15分は180℃のまま、その後160℃に温度を下げて、15分〜20分焼成します。

※焼成する時の温度調整は、記事が盛り上がって来たのを目安に、温度を下げます。

※竹串を刺して、生っぽい生地がついて来なければ、焼き上がりです。

⑥ 焼き上がったらケーキクーラーに乗せて冷まし、食べやすい厚さにカットしたら、完成です!

基本のパウンドケーキ の作り方を作れるようになったら、まずはラム酒をグランマルニエ、レモンの皮や絞り汁をオレンジにしたり、バニラなど、フレーバーを変えてみるのも良いでしょう。

続いて、フィリングを加えたりしてアレンジしたり、生地にココアや抹茶、キャラメルを練り込んでみたり、と、どんどんアレンジしてお好みのレパートリーを増やしていくことが可能です。

ラム酒を効かせたドライフルーツとナッツ、アールグレイとホワイトチョコレート、抹茶とあずきなどの組み合わせも相性抜群ですし、粉やバター、砂糖、卵など、素材にこだわってみるのも、奥が深くて探究心がくすぐられますね。

パウンドケーキは、基本の作り方を覚えておいたら、無限にアレンジの出来るケーキなので、この機会にぜひマスターしてみましょうね♪

「#パウンドケーキ」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

sachi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

レシピの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録