アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

カリモチ食感にハマる人続出♡コウケンテツさんの「豚玉風チヂミ」再現レシピ

/

料理研究家・調理師・食育インストラクター・野菜ソムリエのsachiです。大人気YouTuberでもある料理研究家のコウケンテツさんの『チヂミ』の作り方が、オリジナリティにあふれていてとても美味しいので、今回はそのレシピを再現しながら、詳しくご紹介します。日本人も大好きな味のたれの作り方や、チヂミをカリッカリに仕上げるコツも紹介するのででひ最後までご覧くださいね!

他のおすすめ記事を読む
火を使わないから時短&簡単!電子レンジでつくる「鮭の包み蒸し」のレシピ

目次

コウケンテツさんの豚玉風「豚ニラチヂミ」レシピ

日本のおうちごはん でよく食べられている韓国料理の一つに、『チヂミ』がありますよね。

大人気YouTuberでもある料理研究家のコウケンテツさんの『チヂミ』が、コウケンテツ さんらしくてとても美味しいので、今回はそのレシピを再現しながら、詳しくご紹介します。

コウケンテツさんは大阪育ちでもありますので、お母様から受け継いだ韓国の味に加えて、大阪のお好み焼きの豚玉の要素をチヂミレシピに取り入れています。

生地に豚肉を加えるのではなく、豚玉のように生地の上に豚肉の薄切り肉を広げて焼くのので、カリッカリに焼かれた豚肉が食欲をそそります。

見た目は、薄いお好み焼きのような感じで、『カリモチサクモチ、ボリューム豚ニラチヂミ』といった感じなんです!

材料(直径24~26cmほどのフライパン1枚分)

豚バラ薄切り肉 150g
にら 1/2束
玉ねぎ 1/4個
ごま油 適宜
塩 少々

【チヂミ生地】
卵 1個
小麦粉 50g
片栗粉 30g
しょうゆ 大さじ1杯
水 60ml

【たれ】
しょうゆ 大さじ1杯
酢 大さじ1杯
白いりごま 適宜
わけぎの小口切り 適宜
韓国産粉唐辛子(あれば) 適宜

作り方

① 卵・小麦粉・片栗粉・しょうゆをボウルに入れ、様子を見ながら水を加え、ガーっと混ぜます。

家庭料理なので、神経質にならず、ざっくりと!

② 玉ねぎは薄切り、にらは4〜5cm幅にカットして①に加え、ざっくりと混ぜ合わせます。

③ 熱したフライパンにごま油をひいて、②の生地を流し入れ、素早く広げます。

④ ③の上に豚バラ薄切り肉を広げて並べて塩を振ります。

この並べ方、豚玉っぽいですよね。これが、大阪出身のコウケンテツさんらしいチヂミの作り方なんだそうですよ。

⑤ 片面が焼けたら裏返し、何度かひっくり返しながらカリッとキツネ色に焼き上げます。

⑥ たれを作ります。ボウルにしょうゆ、酢、わけぎの小口切り、白いりごまを加え、お好みで韓国の粉唐辛子を加えて混ぜ合わせます。あれこれ色々加えるより、シンプルな酢醤油ベースのたれがチヂミに合うそうです。

韓国の粉唐辛子はそんなに辛くないのですが、日本の一味唐辛子を使う場合は、辛さが強いので、加減して加えて下さいね。

⑦ まな板の上にクッキングペーパーを敷き、その上に⑤のチヂミを乗せて食べやすい大きさにカットします。

こうすることで、余分な油が吸収され、カリッと仕上がるそうです。

⑧ 切った後に二度焼きします。

韓国の家庭や屋台では、チヂミを焼いておいて、食べる直前にもう一度焼くので、カリッカリに仕上がるそうです。もう一つ、コウケンテツさんによると、『焼いた人は、端っこの一番カリッカリの一番美味しい所を食べて良い』そうです。これは、焼いた人の特権なので、ぜひ!

⑨ お皿に並べて、たれを添えたら完成です。

カリッカリの豚肉たっぷりで、ボリューム満点!

カリモチサクモチの、コウケンテツさんの『豚ニラチヂミ』をぜひ、お家でも作ってみて下さいね。

ビールが進むこと間違いなしですよ~♪

「#チヂミ」の記事をもっと見る



この記事のライター

sachi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

レシピの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録