アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

秋冬の定番デザイン♡簡単ニット柄ネイルのやり方講座

秋冬の定番デザインといえば、ほっこりあたたみのあるニットネイル!マットな質感のマニキュアやネイルシールを使って、セルフでも簡単にできるんです♡そして、ポリッシュだけでなく、パウダーやジェル、片栗粉を使ったりと、ニットネイルのやり方もさまざま。今回は、簡単なニットネイルのやり方をご紹介します♪

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

マットな質感が魅力♡ニットネイルの簡単なやり方って?

秋冬のトレンドデザインといえば、ニットネイルですよね♡ニットネイルはマットな質感で、ぷっくりとした立体感のあるかわいいネイルデザインです♪あたたかみがありかわいい模様や色で、大人っぽいデザインに仕上がります。カラーやネイルパーツなど組み合わせ次第で、デザインの感じも異なり、3Dアートをしているような楽しさもニットネイルの魅力の一つ!

ネイリストやセルフネイラーの方にも大人気で、これまでにmichillでも多くのオススメのニットネイルデザインをご紹介してきました♪

ですが、ニットネイルはニット柄をセルフで描くのが難しく、初心者にはハードルが高いネイルデザインという印象も…。なかなか綺麗にニットの模様にできなかったり、好みのネイルデザインにならなかったりと、失敗してしまうこともあります。細筆で1本1本線を描き、ニット模様を描くとなると、どうしても敬遠してしまうものですよね。

ですが、ネイルシールやマットコートなどを使用すれば、簡単にニットネイルをセルフでやることができるんです!

今回は、おすすめのネイルデザインとあわせて、ニットネイルの簡単なやり方をご紹介します♪

ネイルシールを使えばセルフでも!ニットネイルの簡単なやり方

100均のニットネイルシールを使ったやり方なら、セルフでも簡単に仕上げることができるんです♪ダイソーでは、その季節に合ったポリッシュやネイルシールが売られていて、秋冬になるとニット柄のネイルシールも人気に!ニット模様のネイルシールの上からネイルポリッシュを重ねて塗ることで、ネイルシール感も出ず、立体感のあるかわいいニットネイルになります♡

100均ネイルシールを使ったニットネイルのやり方を覚え、まずはニットネイルをやるハードルを下げましょう!

ニット模様と雪の結晶のデザインは相性抜群♡冬らしい雪の結晶のネイルシールや、雪をイメージしたホログラムなども100均やネイル専門店で簡単に入手可能!そういった便利なネイルアイテムを使用することで、セルフネイルで好きなデザインに仕上げることができておすすめです◎

ニット模様×雪の結晶でより冬らしいデザインになりおしゃれ度がグッとアップします◎また、ベースカラーとなるネイルポリッシュやホログラムなどをすべてホワイトカラーでまとめることで統一感が増し、指先が綺麗に見えるという効果も♡

冬の間に一度はチャレンジしたい、素敵なニットネイルデザインです◎

マニキュアとネイルシールでできる!ニットネイルのやり方

ジェルを使わないと凹凸のあるかわいいニットネイルはできないと思いがちですが、実はマニキュアでも簡単にニットネイルを楽しむやり方があるんです!

今回のニットネイルのやり方に使うのは、マットマニキュアやネイルシール、マットトップコート。ダイソーのネイルシールとマットトップコートを使えば簡単にニットネイルができますし、マットマニキュアでニット柄を描いていくやり方でもOK!ホワイトやピンクのカラーを使ってカラフルにしてみたり、グレーやグレージュなどのマニキュアを使ってシックにまとめたりと、楽しみ方も自由です◎

ジェルネイルに見劣りすることない、マニキュアを使ったモコモコとした立体感のあるニットネイルで、セルフネイルの幅をもっと広げましょう♪

ジェルネイルだとニットネイルのやり方はもっと簡単!

お手持ちのネイルポリッシュやマットコートを使用したやり方ももちろんできますが、ジェルネイルを使えば、もっと簡単にニットネイルにチャレンジすることができます。

UV/LEDライトで硬化する手間がある分、ネイルポリッシュでやるときに比べ工程は多いですが、ネイルが持ちやすく仕上がりも綺麗になるのでオススメです♡

まずベースジェルを塗って硬化し、ベースカラーとなるジェルを塗ります。このときベースカラーを二度塗りすることで、マットな質感ではっきりとした色になるのでオススメ◎

その後、ニット模様を描いていきます。ネイルシールを使っても、細筆でニット模様をセルフで描いてもOK!ジェルのテクスチャーによって何度塗りにするのかを変えるのもポイント!硬めのものだと2~3度塗りで十分ですが、柔らかめのテクスチャーだと4~5度塗りしないと立体感がうまくでず、モコモコとしたニットネイルに仕上がらないこともあるので注意です!

また、使用するジェルによっては模様が流れてしまうことも。そういうときには3Dアート用のアクリルパウダーなど粉を混ぜることで、粘度が増して模様を描きやすくなります。

最後にトップジェルを塗り、UV/LEDライトで硬化すれば完成♡

工程が少し異なるだけでネイルポリッシュを使ったニットネイルデザインとあまり変わらないので、自分の好きなデザインでチャレンジしてみましょう☆

片栗粉を使ったニットネイルのやり方

マニキュアやジェル、ネイルシールを使ったニットネイルのやり方が主流ですが、実は片栗粉を使用したやり方もあります♪

ジェルネイルでニット柄を描いて硬化していくのと同じように、ポリッシュに片栗粉やパウダーを混ぜて粘度をあげて硬めにすることでニット模様が浮き出たおしゃれなデザインに♡上でご紹介した3Dアート用のアクリルパウダーと同じように使うことができます!

ジェルネイルっぽいニットネイルが、お家にある片栗粉やポリッシュで実現できるなんてすごすぎます…!
コツはポリッシュの粘度を硬めに調節すること。ベビーパウダーや片栗粉1に対し、マニキュア5くらいを目安に混ぜていきましょう。

根気が必要ですが、完成したときの喜びは格別です♡ネイルポリッシュやジェルネイルを使ったやり方に飽きたら、一風変わった片栗粉ニットネイルにチャレンジしてみては?

片栗粉と同じようにベビーパウダーを使ってニットネイルをやるやり方もあるので、こちらも参考にしてみてください!

グラデーションもおすすめ♡やり方をおさえて色々なニットネイルに挑戦!

基本のニットネイルのやり方やコツをおさえたら、自分好みの様々なアレンジに挑戦しましょう◎ワンカラーでシンプルなニットネイルもオフィスなどではおすすめですが、グラデーションネイルで華やかなネイルデザインにすると、冬コーデのちょっとしたアクセントにもなります。

グラデーションにすることでマンネリ感もなくなるので、全ての指をニットネイルにしても大人可愛い印象に仕上がります♡

秋冬定番のニットネイル。指先のポイントやアクセントにもなり、デザインも派手すぎず大人かわいいので指先がおしゃれで素敵に仕上がります。
ニットネイルは柄が複雑で、セルフではあまりできないというイメージもあるかもしれませんが、ネイルシールやマニキュアなどプチプラアイテムを使えばとっても簡単!

ニットネイルのやり方をチェックして、爪先にも季節感を取り入れていきましょう♪ぜひこの記事を参考に、ニットネイルのやり方をマスターしてみてください!

「#ニットネイル」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■セルフネイル派さん必見♡2018年最新の人気プチプラベースコートおすすめ6選
■ジェルネイル風トップコートでぷっくりセルフネイルのすすめ
■セルフネイルがすぐ剥がれちゃう人必見!美爪をケアする方法
■短い爪でも似合う♡秋冬にぴったりなジェルネイルデザイン5選


執筆者:michill ネイル



5

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録