アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

美容師さん教えて!美容院でなりたいカラーやパーマの頼み方がわからない!

美容学校教員兼スタイリストの野澤琢眞です。美容室で初めに美容師さんがカウンセリングをしてくれますが、その時に自分がなりたいイメージを伝えるのはなかなか難しいと思います。今の自分に似合うものがわからない方、イメージはあるがうまく伝えられない方は、今回ご紹介するポイントを参考にしてみてください!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

美容室に行く時の格好

初めて行く美容室の場合、行く時の格好に注意して下さい。

美容師はお客様を見た目で判断します。それはその日お客様が身につけている洋服、靴、アクセサリー、持っている鞄、メイクや髪の状態を総合的に判断して、その方がどんな方なのかを想像してスタイルを提案してくれます。

ですので、美容室に行く場合は必ず普段自分がよくする格好で出かけて下さい。そうすれば美容師さんがあなたの好きそうなスタイルを提案しやすくなります。

カラーをオーダーする時の注意点

ほとんどの女性の方がヘアカラーをしてると思いますが。美容室でカラーをオーダーする時は、まず初めに自分に似合うカラーが何かを確かめて下さい。流行りのカラーをするというよりは、自分に似合うカラーを見つけることがとても大切です。

似合うカラーを見つける方法としては、肌の色、目の色、その日の服装などを基にすること。これを「パーソナルカラー」と呼びます。

肌の色は日本人の場合「イエローアンダートーン」もしくは「ブルーアンダートーン」のどちらかに属します。どちらに属すかで似合う「色味」が決まります。そして目の色が「濃い」か「薄い」かで似合う明るさが決まります。そして最後にその日の服装でその方の「好きな色」が分かります。

この3点を総合して似合うカラーを考えていきますが、プロの美容師ならお客様を見た瞬間にこれが分かります。

元々こだわりのない方はそのままお任せでカラーを選ぶのも良いですし、したいカラーが決まっている場合はこれらの情報をもとに微調整してもらうのが良いと思います。

パーマをオーダーする時の注意点

パーマをオーダーする時の注意点もいくつかありますが、1番初めに「自分にはパーマが本当に必要かを確かめること」が大切です。

パーマというものはヘアスタイルにリンクしているので、元々ある癖を生かせる場合もありますし、髪のダメージによってはパーマが困難な場合もあります。

パーマが必要になった場合は美容師さんに必ず自分の髪の特徴を伝えて下さい。パーマ履歴のある方は今までのパーマがかかりやすかった、かかりにくかった、かかったけどすぐ取れてしまった、かけてしばらくは取れなかったなどを説明すると、美容師はお客様の髪のパーマに対する特性が分かり、使う薬剤の種類や巻き方が選びやすくなります。

また、自分が普段どのくらいの時間をかけて髪をスタイリングするのかを合わせて説明しておくと、それに合わせてパーマをかけてくれると思います。

カラーもパーマもその方に似合うものが1番のトレンドになりますが、今年の秋冬はカラーは「ラベンダー」や「ピンク」などの黄色味が抑えられるカラーが人気です。

パーマは薬剤の進化が進んだ「デジタルパーマ」が再注目をされていますので、なかなかパーマがうまくいかない方はぜひ一度お試し下さい。

「#美容師」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■美容師さんに聞く!できあがったらなんか違う…にならないオーダー法
■プロ美容師が教える♡ヘアカラーが長持ちするためのコツ
■カンタンにゆるふわヘアを手に入れたいなら♡エアウェーブ
■上品に魅せる秋冬ヘア♪カラー暗めでも重軽ボブで簡単トレンド


執筆者:野澤琢眞


この記事に関連するキーワード


31

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録