アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ベースメイク 崩れやすい人必見 NG&OKのメイク法 イラスト あおいみのこ

知らないうちにやってるかも?!NGベースメイク3選

/

メイクのキレイさは、ベースにあり!どんなに気合を入れてアイメイクやリップメイクを頑張っていても、ベースが崩れてしまっては全て台無しに…。そこで今回は崩れにくいベースメイクのつくり方をレクチャー。スキンケアから仕上げまで、メイクポイントと解説をご紹介します。ベースメイクが崩れやすい方は特に必見です!

他のおすすめ記事を読む
やりすぎが老け見えの原因!シンプル&引き算で若見えメイクにアップデートする方法

目次

ベースメイクがくずれやすい人必見!NG&OKベースメイク

NG&OKベースメイク

夏場は皮脂くずれ、冬は乾燥ヨレ…ベースメイクをキレイに保つのって難しい。そんなお悩みを抱えていませんか?

ベースメイク=ファンデーションを塗る、と思われがちですが、実はスキンケアから行うのが大事。その日の仕上がりを左右するんです。

そこで今回は、崩れにくいベースメイクのつくり方を1からご紹介。ベースメイクが整えば、その後のメイクの仕上がりもグッと変わる!早速見てみましょう♪

崩れないベースメイクをつくる♡NG&OKなメイクテク【スキンケア&日焼け止め】

スキンケアと日焼け止め

NGポイント

・メイク前にスキンケアをしない
・日焼け止めを下地として使う
・スキンケアをした後に手を洗わない

OKテクニック

① メイク前に洗顔後、スキンケアをする
→お肌を冷やしてからメイクをすると、毛穴の開きも防いで持ちが◎
② 日焼け対策をする
→夏以外でも紫外線は存在しお肌にとって大敵!日焼け止めと化粧下地、もしくは日焼け止め成分が入った化粧下地を使いましょう。
③ スキンケアの後、手を洗う
→スキンケアの油分が残ったままの手で下地やファンデーションを塗ると崩れやすくなります。

崩れないベースメイクをつくる♡NG&OKなメイクテク【化粧下地&ファンデーション】

化粧下地とファンデーション

NGポイント

・5点置きして塗り広げている
・全顔にベタ塗り
・ベースメイクの最後にスポンジだけで馴染ませる

OKテクニック

① 少量を少しずつ重ねて塗る
→点置きすると厚塗りになりがち!気になるところは少しずつカバーすると◎
② 顔まわりは塗らず自然な陰影をつくる
→全顔に同じ厚さで塗るとのっぺり見えることも。顔の中心から外側に広げるイメージで、伸ばしていきましょう。
③ 各工程ごとにスポンジでぽんぽん
→下地を塗ってスポンジ、ファンデーションを塗ってスポンジ、コンシーラーを塗ってスポンジ、パウダーを塗ってスポンジ…、と必ずスポンジを使って肌に馴染ませませれば、肌に密着して崩れにくくなります!

崩れないベースメイクをつくる♡NG&OKなメイクテク【フェイスパウダー】

フェイスパウダー

NGポイント

・パウダーに付属のパフで塗る
・全顔をパフで塗る
・なじませずに塗る

① 大きめなブラシでのせる
→パフでのせると粉っぽくなったり、厚塗りになりやすいです。
② ブラシとパフを使い分ける
→眉毛やおでこなど、皮脂の多い部分にはパフで。それ以外はブラシで薄く塗ると◎
③ パウダーを馴染ませてから塗る
→ブラシで塗るなら余分なパウダーを少しはたき落としたり、手の甲に馴染ませてから塗ります。パフで塗るなら、パウダーをパフによくもみ込んで塗りましょう。

いかがでしたか?ベースメイクは朝一のスキンケアからしっかり取り組むことで、仕上がりがグッと変わります。

忙しい場合は、起きてすぐフェイスマスクを貼って歯磨き、なんて時短技もおすめです。ぜひ参考にしてくださいね♪

イラスト:あおいみのこ

【あなたにおすすめの記事】
■人気のヘアアクセを使って「1分」で完成!セミロング・ロングさん向け♡簡単ヘアアレンジ4選
■可愛さ200%♡「毛束の引き出し」がポイント!ゆるふわこなれヘアアレンジ6style
■アイシャドウの塗り方でこんなに変わる♡印象別「垢抜けアイメイク」



この記事のライター

michill ビューティー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録