アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク まつ毛

40代のまつげの新常識はコレ!垢抜けまつ毛をつくるメイクポイント3つ

/

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。まつげはとにかく盛るのが正解だと思って、ボリュームも長さも欲張ったメイクをしていませんか?エイジングサインが気になり始める40代が、ボリュームも長さも盛ったまつげメイクをしてしまうと、なんだか垢抜けない印象に見えてしまいます。今回は、40代の垢抜けまつげをつくるためのポイント3選をご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
垢抜け やめてよかった ヘアケア スキンケア before after Pyom イラスト
垢抜けるためにやめてよかったヘアケア&スキンケア4選

目次

ポイント1:マスカラはボリュームよりもロングタイプ

マスカラはボリュームよりもロングタイプ

40代になると、まつげが細くなり本数も少なくなってくるので、ボリュームタイプのマスカラを使っている方も多いかもしれません。

しかし一般的にボリュームタイプのマスカラは、粘度が高く液が重いことが多いので、細いまつげに使うとカールが落ちやすくなるだけでなく、まつげ同士がくっついてひじきまつげになる原因にもなります。

マスカラはロングタイプを選び、ボリュームがほしい場合はマスカラ下地を併用しましょう。

ポイント2:毛先にマスカラ液を付けすぎない

毛先にマスカラ液を付けすぎない

年齢を重ねるとまつげが短くなるので、まつげに長さを出そうと、毛先に何度もマスカラを重ね塗りしていませんか?

毛先にマスカラを重ねすぎると、メイク仕立ては綺麗でも時間が経つとマスカラ液や繊維の重さで、毛先が折れて虫の脚のようなまつげになりやすくなります。

こうなると清潔感がなくなり、印象が悪くなってしまいますよね。

長さにこだわりすぎず、根本から毛先に向かって細くなるようにマスカラを塗りましょう。

ポイント3:束感まつげにこだわりすぎない

束感まつげにこだわりすぎない

韓国アイドルから火が付き昨今流行りの束感まつげですが、40代が韓国アイドル並みの束感まつげにしてしまうと、全体の印象とミスマッチで若づくり感が出てしまいます。

40代からは、日本の女優メイクを参考にしてみましょう。

無理に束感を作ろうとせず、自然なセパレートロングまつげが大人の目元には似合います。

トレンド感が少しほしい場合は、やりすぎない適度な束感を意識してマスカラを塗りましょう。

使用アイテム

今回のメイクテクニックに使用したマスカラはこちらです。

ウォンジョンヨのヌードアイラッシュのJ1のウォンジョンヨ

ウォンジョンヨ ヌードアイラッシュ J1/ウォンジョンヨ

いかがでしたか?40代さん向けの垢抜けまつげをつくるメイクポイント3つをご紹介しました。

ぜひ明日からマスカラの塗り方を変えてみてくださいね♡



この記事のライター

伊早坂美裕

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録