アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

春ネイルの定番!ダイソー新商品のピンクネイル2本で大人な桜の花びらネイル【動画あり】

ネイリストのryoです。日本の春といえばやっぱり桜。満開の時期はもちろん、開花前や散ってしまったあとも、ネイルにのせればいつでも指先に春を感じられます。そんな桜をモチーフに、ダイソー新商品のGENEネイルのピンク2本で、大人女子にオススメの上品な春ネイルを作ります。

  • 3879 views

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

ダイソーネイルで出来る大人な桜ネイルの使用ネイル

桜ネイルにぴったりなのが、発売されたばかりのGENEネイルの新色ピンクの2本!

・GENEネイル#1 ミルキーピンク
・GENEネイル#8 シロップピンク
・GENEネイル#17 ホワイト(どのホワイトでもOK)

1本は桜貝のようなとってもキュートなGENEネイルのミルキーピンク。こちらをベースに、GENEネイルのシロップピンクでカラーで艶感をプラスしていきます。桜の花びらは特別なアイテムを使用せず刷毛をそのまま使用。ラフなタッチがより自然な桜を演出してくれます。

・カラーストーン グリーンオパール
・カラーストーン クリスタル
・スタッズ 0.8mm
・ラウンドフレーム

ダイソーネイルで出来る大人な桜ネイルのやり方

まずはすべての爪にミルキーピンクを1度塗りします。

本来ミルキーピンクは2度塗りして桜貝のようなきれいなピンクに仕上げますが、今回はこのミルキーピンクをあえてベースに使用したデザインなので全ての爪が1度塗りです。

人差し指と中指に桜の花びらアートをしていきます。
1度塗りしたミルキーピンクの上に、ホワイトの刷毛で直接で花びらを描きます。
このあとカラーをかぶせていくので細部は気にせず、花びらっぽいホワイトという感じで大丈夫です。

いくつかまとまりで描きます。

ある程度ホワイトが乾いたら、シロップピンクを全体に重ねます。
これだけでも透け感がとってもかわいい!

乾かしている間にほかの桜のアートをしない爪(親指、薬指、小指)にシロップピンクを重ねます

下の画像左がミルキーピンク(1度塗り)のみ、右がシロップピンクを重ねたものです。

薄めのミルキーピンクにクリア感のあるシロップピンクを重ねることで、クリア感と艶感のあるとってもキュートなウル艶ピンクができます!

そして桜の爪にもどり、シロップピンクの上から再度ホワイトの刷毛で花びらを描きます。
下に透けている花びらと少しずらすように描いてくださいね。

では、ミルキーピンク→ホワイト花びら→シロップピンクまでの工程が終わった最後の花びらを描いている様子を動画でご覧ください。

ホワイトが乾いたらトップコートを塗って桜ネイルは完成です。

ご覧いただいた通り、花びらは刷毛で直に描いているので細部はかなりアバウトです。
でも5枚で一つの花になるように意識して描けば、アバウトでもむしろ自然な仕上がりになりとても素敵なアートになりますよ。

桜アート以外の爪にはスタッズを少し乗せたり、ストーン等で控えめに飾りました。

桜をしっかりアートするのではなく、ひらひらと舞い落ちる桜の花びらのようなタッチで描くことで、文句なしの大人な春ネイル。
卒入学はこんなサクラネイルを合せてみてはいかがでしょう?!

「#桜ネイル」の記事をもっと見る


執筆者:ryo



43

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録