アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

フライパン1つで簡単!甘くて栄養豊富な大学芋レシピ♪

日に日に涼しくなる今日この頃。だんだんと秋の訪れを感じます。秋と言えば、さつまいものおいしい季節。さつまいもはみんな大好き、お料理のバリエーションもいろいろあります。今回は中でも女性が大好きな、フライパンで簡単に作れるスティック大学芋をご紹介します。

目次

この記事を試すのにかかる時間

  • 10分(水にさらす時間を除く)

この記事を試すのにかかる金額

  • 約131円(2人分)

さつまいもの栄養

今回のメイン食材、さつまいもの主成分はデンプン。他のイモ類に比べてビタミンCや食物繊維が豊富で、女性に嬉しい美容食材とも言えます。
品種も多く、それぞれ味や食感が異なりますが、今回のレシピ、スティック大学芋には、口当たりも良く甘みが強い人気の品種「紅あずま」がオススメです!

フライパンで簡単!スティック大学芋のレシピ

本来大学芋は素揚げをしてから、たれに絡めますが、今回はお手軽に、フライパン1つでできる作り方をご紹介します。さつまいもをスティック状にするので、火も通りやすく、食べやすい!スリムなので、お弁当にも詰めやすいですよ!

材料(2人分)

さつまいも 200g
サラダ油 大さじ2杯
☆きび糖(砂糖) 大さじ2杯
☆醤油 小さじ2杯
☆みりん 小さじ2杯
黒いりごま 小さじ2杯

作り方

① さつまいもをステイック状にカットして約10分水にさらした後、水分をキッチンペーパーなどでしっかり拭き取っておく。


② 油を熱したフライパンに①を入れて全体に油を回し、フタをして弱火で約5分加熱し、中まで火を通す(時々フライパンを振る)。


③ フタを取ったら中火にして軽く炒めて表面をカリッとさせる。☆の調味料を加えて加熱し、全体に絡める。


④ 仕上げに黒いりごまを加え、ざっくり混ぜたら、出来上がり!

コツ・ポイント

・さつまいもを水に晒す時、アクやデンプンが流れて水が濁るので、2〜3回水を替えます。そうすることにより、よりカリッとした仕上がりになります!
・お弁当には、冷めてから入れてください。

お手軽な大学芋で、秋の味覚を楽しんで下さいね!


/

この記事の著者

sachi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録