アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

失敗知らず!誰がつくってもふんわりとろりになる絶品かに玉レシピ

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。ふんわり卵のかに玉にあんをとろりとかけて。優しい舌ざわりのかに玉は、みんなに好まれるメニューですよね。しかし、いざ自分で作ろうと思うと、卵をふんわりさせるのがなかなか難しいもの。そこで今回は、失敗知らずのかに玉丼のご紹介です。

目次

失敗知らずのとろふわかに玉丼

材料(2人前)

・ご飯 多めに2膳分
・卵 3個
・かにかま 8本
・しいたけ 3~4枚
・長ねぎ 1/2本
・ごま油 小さじ2
・水 200cc
A)鶏ガラスープの素 大さじ1/2
A)日本酒 大さじ1
A)醤油(あれば薄口) 小さじ1
A)塩 少々
・片栗粉 小さじ2

かにかまは、見た目がまさにカニのような少し高めのものを使いました。味もカニにそっくりで、おいしくできますが、普通のかにかまでもOKです。

もちろん、本物のカニなら言うことナシ!

作り方

➀ 長ねぎとしいたけは、それぞれ薄切りにする。

② フライパンにごま油を熱し、長ねぎとしいたけを炒める。しんなりしたら、水とAの調味料を入れる。沸騰したら、かにかまをざっくりほぐして加える。

③ 片栗粉を倍量の水(分量外)で溶き、混ぜながら加えてとろみをつける。

④ しっかりとろみがついたら、溶いた卵を回し入れて、大きくかき混ぜる。

⑤ 卵がふんわり固まったら火を止め、温かいご飯の上にのせ、お好みで青ねぎ(分量外)などを散らす。

片栗粉でとろみをつけたあんの中に卵を入れると、固くなりすぎず、ふんわり仕上がります。ひと手間省けるのもうれしいポイント。お米に卵がとあんがとろりと絡んで食べやすく、食が進みます。

また、ご飯でなく、ラーメンにのせたりしても楽しめます。

そして、同じような手順で、火の通し方が難しい親子丼もとろとろに作れます。

王道ではありませんが、だし汁に片栗粉でとろみをつけてから卵を入れると、片栗粉のとろみもあって柔らかくとろりと仕上がります。

変化球!とろとろ親子丼

材料(2人前)

・鶏もも肉 150g
・全卵 3個
・卵黄 2個分
・長ねぎ 1/2本
・だし汁 160cc
A)醤油 大さじ1と1/2
A)砂糖 小さじ2
A)みりん 大さじ2
A)日本酒 大さじ1
・片栗粉 大さじ1/2

作り方

➀ 鶏もも肉はひと口大に削ぎ切りにする。長ねぎは斜め薄切りに切る。

② 鍋にだし汁とAの調味料を入れて火にかけ、煮立ったら鶏もも肉、長ねぎを入れて煮る。

③ 片栗粉を倍量の水(分量外)で溶き、混ぜながら加えてとろみをつける。

④ 溶いた卵を回し入れて、大きくゆっくりさっと混ぜる。卵がふんわり固まったら、丼のご飯にのせる。

⑤ 真ん中に卵黄をのせる。

卵料理は、身近な料理ですが、火の通し具合が難しく、うまくいかないこともあります。片栗粉を使って失敗知らずのかに玉丼と親子丼。ささっと作って、ふわふわとろとろの食感を楽しんでくださいね。

「#卵レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

笠原知子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録