アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

秋の旬野菜ときのこでホットサラダ♪…からのリメイクカレー!

日中との寒暖差が激しい日もありますが、朝晩は肌寒くなってすっかり秋ですね。 そんな秋には、食欲の秋というほど、旬の食材にあふれた美味しい食材がたくさんです。 旬といわれるにはもちろん理由があり、栄養価が高かったり、新鮮で安価に手に入ったり、何より味が濃くて美味しい!今回はそんな「秋の旬食材」を使ったレシピをご紹介します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 15分

栄養満点!秋の旬食材!

今回使う旬食材

さつまいも(9~11月)・かぼちゃ(11~2月)・人参(11~12月) ・しめじ(9~11月)・まいたけ(10~11月)

通年出回っている人参やしめじも美味しい時期は秋なんです。

それぞれの食材にはいろんな効果が期待できますが、特にさつまいもには女性にうれしい成分がたくさん含まれています。抗酸化作用が高いビタミンEと、免疫力を高め美肌効果を持つビタミンCの両方を兼ね備えているので相乗効果が期待でき、豊富に含まれる食物繊維がお腹の中もきれいにしてくれるので、忙しい女性には特に嬉しい食材です。

そんな旬食材を使った簡単でお腹も満足な秋のごちそう塩バターホットサラダのレシピです。

旬食材たっぷり♪塩バターホットサラダレシピ

材料(3~4人分)

・さつまいも  1本(約200g)
・かぼちゃ  1/4カット(約150g)
・人参  1本(約120g)
・しめじ  1/2株(約60g)
・まいたけ  約40g
・(無塩)バター  15g
・塩 ひとつまみ

作り方

① さつまいも、かぼちゃ、人参は食べやすい大きさに切ったらさっと水にさらしてから水気をきり耐熱皿にのせる。       

② ①の上に湿らせたキッチンペーパーをのせてからふわっとラップをし、レンジ(600w)で3~4分加熱する。

③ その間にしめじは石づきを切り落としてばらし、まいたけもばらしておく。

④ フライパンにバター(10g)を溶かし、加熱した②を入れ塩を振ったら軽く炒める。

⑤ 野菜に火が通ったら③と残りのバターを入れて全体に火が通ったら完成。

ポイント

・バターは無塩バターを使っていますが有塩バターでも代用可能です。その場合は塩の量は調節してください。

・さつまいも、かぼちゃ、人参の皮はよく洗って使っているのでむいていません。皮との間に栄養がたくさんあるのでそのまま使うのがオススメですが、気になる方は皮をむいてもOKです。

・レンジ加熱の時に野菜に完全に火が通っていなくてもOK。フライパンで炒める時間を短縮するために加熱しているので、フライパンで炒めるときに火が通ればOKです。

ここまではホットサラダのレシピですが、この分量だと食べごたえもあるサラダなので4人家族の我が家でも残ってしまいました。そこで、この秋の食材が詰まったホットサラダをみんなが大好きなカレーにリメイク。 味付けが塩バターなのでカレーとの相性もばっちりです。

作り方はいたって簡単。残ったホットサラダを鍋に入れてひたひたになるくらいの水を入れたらお好みでツナや鶏肉などをいれて沸騰させ、最後にカレールゥを入れたら完成。

すでに野菜に火が通っているのと塩バターが効いているので味付けも不要で、煮込み時間も数分で美味しいカレーの出来上がりです。

この秋、良かったら試してみてくださいね。


/

この記事の著者

ちゃんちー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録