アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

クリスマスに赤いシュワシュワのランブルスコはいかが?

クリスマスはスパークリングワインだよね!と思っている人にオススメしたいのが、発泡のある赤い色のイタリアワイン「ランブルスコ」です。発泡+赤ですから、クリスマスにピッタリではありませんか?

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

有名チェーン店にもオンリストされているランブルスコ

発泡ワインは、白やロゼが多いですが、イタリア北部エミリア・ロマーニャ州とロンバルディア州で生産される「ランブルスコ」は、赤い色のワインが主流です。

ランブルスコは、ランブルスコ種のブドウ(いくつか種類あり)からつくられます。

白やロゼ、泡がないタイプ、辛口タイプなどもありますが、日本でよく見るのは、微発泡で、やや甘口の赤ワインタイプ。イタリアでもこのタイプがポピュラーです。

ランブルスコは、あの人気イタリアチェーンレストラン「サイゼリヤ」にも、コーヒーチェーンの「プロント」の夜メニューにもオンリストされています。ですから、ランブルスコのことをご存知の方も多いかもしれません。

ランブルスコはこんなに魅力的です

ランブルスコを普通のワイングラスに注いでしまうと、もはや赤ワインにしか見えません。

この画像のように、かなり濃い色合いのランブルスコは珍しくありません。

赤い色が濃いため、パッと見では泡は目立ちませんが、グラスに注ぐ際には泡立ちが見られ、口に含むと、クリーミーでやさしい泡が感じられます。

濃厚な色合いの割には、タンニンはほとんど感じないほどまろやかなのが、ランブルスコの特徴です。心地よい軽快な酸味があり、果実味たっぷりのフルーティーな味わいが楽しめます。とてもみずみずしく、軽い発泡もあるので、非常に口当たりがよく、するする飲めてしまいます。

甘みを残したタイプが多く、口当たりが良い上、アルコール度数が低いですから、渋い赤ワインが苦手な人、強いワインが苦手な人にも楽しんでもらえるのではないでしょうか。

生ハムとの相性はバツグン!

ランブルスコにはチャーミングな甘みがあるので、塩気のあるプロシュート(生ハム)との相性が抜群です。

イタリアでは、この組み合わせは定番中の定番で、食事の前のアペリティフ(イタリアではアペリティーボといいます)にはよく登場します。

プロシュートはイタリア各地にありますが、エミリア・ロマーニャ州ではパルマ産のものがよく知られています。ワインとフードを同じ産地で合わせるなら、パルマ産プロシュートはもちろん、同じ産地のチーズ、パルミジャーノ・レッジャーノもオススメです。

プロシュートを華やかに盛り付けて、ランブルスコを開ければ、それだけで気分が盛り上がります。

ランブルスコをおいしく飲むコツは、よく冷やすこと。 甘みのあるボディがキュッと引き締まり、心地よく飲めます。

お手頃プライスで 色々使えます

1本あるとテーブルが華やぐランブルスコは、クリスマスやニューイヤーパーティーといったシーンで、大いに活躍してくれることでしょう。

赤い色のスパークリングは珍しいですから、皆の注目を集めること間違いありません。

さらに嬉しいことに、ランブルスコはお値段が非常に手頃で、1000円前後から買えるものもあります。

パーティーだけでなく、プロシュートやチーズ、フルーツなど、好きなものを用意し、2人でダラダラ飲むのも楽しいものです。たとえば、大晦日の紅白歌合戦を聴きながらとか、お正月の箱根駅伝を見ながらとか。

こんなに優秀なランブルスコを、飲まない手はありません!


執筆者:綿引まゆみ



10

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録