アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

100均シールでウィンタースノーネイルのやり方

冬になるとネットや100均ショップでたくさん売られるのが雪の結晶シール。雪の結晶シールは、貼るだけでウィンターネイルになるとあってお手軽ですが、マンネリになりがちなアイテムです。

  • 4816 views

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

脱マンネリ!ウィンタースノーネイル

雪の結晶シールで脱マンネリしたい時にオススメなのが、雪の結晶シールを他のネイルアイテムと組み合わせること。それだけで脱マンネリ、しかもかわいさが倍増します!

今回は雪の結晶シールをホログラムと組み合わせて、雪が舞う冬の空をイメージしたデザインにしました。

また全体にマットコートをかけることで、優しいベールに包まれたような雰囲気に。パールにもマットコートをかけることで、パールがぼんやり冬イメージになっているのもポイントです。

今回使用したネイルグッズ

今回使用したネイルグッズです。

エスポルールNo.13(ライトグレー)*ダイソー
エスポルールNo.59(パステルパープル)*ダイソー
マットトップコート
セシェなどの固め速乾トップコート
雪の結晶シール
白いホロ

ウィンタースノーネイルのやり方

まずは全ての指にベースカラーを2度塗りして乾かします。雪の結晶シールの指はライトグレー、その他はパステルパープルです。

ベースが乾いたら雪の結晶シールを貼りますが、シールを貼る時にはピンセットがあると便利。
(ベースカラーが乾いていないとシールがよれてしまうので、乾かすために速乾性トップコートを塗ってしまうのも手です)


雪の結晶シールの横に、雪をイメージした大小の白いホロを乗せます。ホロを乗せる時は、まずアルミホイルにトップコートを少量垂らします。

爪楊枝に少量のトップコートを付けて、ホロを乗せる部分に乗せておきます。

そのまま爪楊枝で白ホロを取り、先ほどトップコートを付けた部分に置きます。大小の白ホロと結晶シールをバランスよく爪全体に散りばめます。

次にパールを乗せますが、今回のように大きめのパールの場合は、糊の役割になるトップコートは粘度が高いものがオススメです。



置くトップコートの分量が多い場合は、刷毛で直接置いて大丈夫。上からパールを置いて押したときにはみ出ないくらいの量が適量です。
ピンセット等でパールを置いて軽く押します。

ただ置いただけだと、パールの底面は平らなため、爪とパールの間に隙間ができてしまいます。その隙間がパールが取れてしまう原因となるので、固めのトップコートを隙間に入れていくイメージで固めていきます。

隙間がない状態にします。

全ての指にマットトップコートを塗れば完成ですが、マットコートはパールなどのパーツにも塗るのが今回のポイント。

これで完成です。

冬はたくさんのウィンターネイルのデザインがでますが、ちょっと難易度が高いかなと敬遠している方は、今回のようなワンカラーにシールを使用した簡単アートでウィンターネイルに挑戦してみてはいかがでしょう?

シールを貼ってパールを乗せるだけの簡単アートなのできっとうまくいくはずですよ!


執筆者:ryo



56

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録