アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

脱マンネリ!モテかわプリンセスネイルのやり方

  • 7493 views

セルフネイラーさんがまず購入するカラーと言えばピンクベージュが多いのではないでしょうか。 私もセルフネイルを始めた当初、まず手にしたのは薄いピンクベージュでした。控えめな印象ですが、今回はそんなピンクベージュを主役級のプリンセスネイルに変えてみました! 

目次

モテかわ♡プリンセスネイル

プリンセスネイルと言うと難しそうに感じるかもしれませんが、ピンクベージュの指はラメ入りホワイトでささっとグラデーションにし、ビジュー部分も大きめパールで存在感を出しただけの簡単ネイルです。

この機会にいつものピンクベージュネイルからマンネリ脱出、またピンクネイルが家に眠っている方はこんなデザインでポリッシュを蘇らせてあげてください。

今回使ったネイルグッズ

今回使用したネイルグッズです。


クレヨンタッチミー(ピンクベージュ)*キャンドゥ
シュガーネイル(ミルク)*キャンドゥ
ACクイックドライベース&ハードナー*セリア
お好みのネイルパーツ

脱マンネリ!モテかわプリンセスネイルのやり方

ビジューアートの指には乳白色を2度塗りし、グラデーションにする指にはピンクベージュを2度塗りします。


ベースカラーが乾いたらグラデーションを作っていきますが、今回使用しているようなラメ入りの薄いホワイトはグラデーションが簡単。
刷毛を瓶のふちで少ししごいてカラーが乗りすぎないよう調整しながら塗っていくのがポイントです。

まずは爪の先端、3分の1くらいのところを塗ります。


そのままカラーは足さないで、爪の真ん中辺りから刷毛を引いて中央辺りは薄付きになるようにします。
2度目になる先端部分はさっと触るくらいでラメを残すように気を付けます。


ここでカラーをもう一度取り、爪先端の方だけに乗せて濃さをだし、グラデーションにします。
ラメ入りカラーはムラになりにくく、刷毛でラメの粒子の位置もずらせるので失敗なし!


薬指は乳白色ベースで、その上にオパールやストーンを散りばめて華やかにプリンセス風に。
今回は大きめのオパールを乗せるので、乗せる部分には粘度の高いトップコートを接着剤として使います。




ピンセット等でオーバルのパールをトップコートを置いた場所に乗せます。ぎゅっと乗せたトップコートを押しつぶす感じでしっかりと接着させてください。


パールの周りにストーンやスタッズを散りばめますが、小さめパーツの場合は爪楊枝が活躍します。
アルミホイルにトップコートを垂らしておき、爪楊枝にトップコートを取ってパーツを乗せる部分にちょんと付けます。そのトップコートが糊の役割になるので、その上にネイルパーツを乗せていきます。


今回は画像のようにストーンやスタッズでパールを縁取りました。


全ての指にトップコートを塗れば、モテかわプリンセスネイルの完成です。

いつものピンクベージュをグラデーションにすることで脱マンネリ。その上失敗なしのデザインなので気軽に試してみてください。


/

この記事の著者

ryo

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録