アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

夫に薬や治療の説明をするとき。夫婦二人で治療を楽しむという事

不妊治療のクリニックで処方されている薬。何も知らない夫に説明をするのって難しいもの。でも、薬の説明ひとつをとっても、夫と二人でなら楽しく治療に取りくんでいける!妊活の先輩ポチ子さんがホルモン補充の薬を使うときに夫に話したこととは…?

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

処方された薬の説明

私は、自分が理解していれば問題ない範囲の治療の事はあまり夫に話をしません。

夫からも、治療について細かく聞いて来る事はほとんど無いのですが、“くすり”に関しては少し気になるのか、私がクリニックから処方された薬を飲んでいると「それは何の薬なの?」と質問してくる事があります。

私がクリニックで処方される薬は、その時に足りていないホルモンを補う薬や、卵巣などの機能を助ける薬が多いので、私はいつも「女性ホルモンを補う薬だよ!」という万能な説明の仕方をし、夫もそれで納得していました。

ふざけてみた

治療で処方される薬にも色々な形があり、以前、絆創膏のようにペタッと肌に貼るタイプのホルモン補充の薬を使用した時、夫が不思議そうに「それはなに?」と聞いてきたので、いつものように「これは女性ホルモンを補う薬だよ!」と説明しました。

ですが、夫の顔には『?』マークがたくさん浮かび、「薬なの?貼るとどうなるの?」と…。

これはきちんと説明した方がいいかな…と考えましたが、夫に不妊治療の知識をあまり植え付けていない状態で“ホルモン補充”を説明してもそんなにピンと来ないだろうな…と思い、思い切って「これはね…貼るとね…女性ホルモンが分泌されて、とってもとっても女らしくなるんですっ!」と言い切り、オホホホホ~と笑ってみました。

夫はまさかの冗談返答に驚いていましたが、意外と楽しそうにノってくれました。

ホルモン補充薬での遊び

それ以来、私は貼るタイプのホルモン補充の薬を使う時には、テンションを盛って『ホルモン補充』を夫にアピールするようになりました。
そして、夫も毎度そのノリにつきあってくれて、2人で遊びながらホルモン補充の薬を貼るようになりました。

遊びながらやりとりする事で治療をしている時間が少し楽しく感じるようにもなりました。

楽しく治療をしていきたい

それから病院も変わり、今は貼るタイプのホルモン補充薬を処方されなくなってしまったので、少し寂しかったりもします。

治療の状況によっては気分的にふざけられない時もあったりしますが、“薬ひとつ”の些細な事でも2人で遊びながら笑いながら治療を進めていきたいと思っています。


執筆者:ポチ子


この記事に関連するキーワード


212

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録