アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お菓子作り初心者さんでも美味しくつくるコツはこれ!さつまいものクランブルケーキ

秋のティータイムにさつまいもが入ったほっこりと美味しいケーキ。上にはクランブルをたっぷりと。下準備をしっかりとすればお菓子づくり初心者にも美味しく作れます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 60分

お菓子作りは下準備が大切

お菓子づくりにおいて大切なのは下準備。下準備をしっかりとするとスムーズに手順通りにできます。

型の準備や計量はもちろん、バターは作るものによって温度管理をすること。今回のさつまいものクランブルケーキでいうと、クランブルに使うバターは1cm角にカットして冷凍庫で使うまでよく冷やしておく。ケーキ生地に使うバターは室温においてやわらかくしておく。卵はよく溶きほぐす。粉類はふるっておく。

必ず作り始める前に準備しておくことが大事です。

今回ご紹介するのは秋のティータイムにさつまいもが入った、上にサクサクのクランブルをのっけて焼いたさつまいもクランブルケーキです。

クランブルの作り方

サクサクと美味しいクランブルの作り方。今回はさつまいもと相性のいいシナモン入りのクランブルです。

材料

・薄力粉…20g
・アーモンドプードル…20g
・きび糖…15g
・無塩バター…15g
・シナモン…小さじ8/1
・塩…ひとつまみ

下準備

バターは1cm角に切り、冷やしておきます。薄力粉とアーモンドパウダーはふるっておきます。

作り方

① バターとシナモン以外の材料をボウルに入れて軽く手で混ぜ合わせます。

② ①にバターを加え、粉をまぶし、指先でバターをつぶしながら粉と合わせていきます。

③ そぼろ状になったら半量にシナモンを加えて冷蔵庫に入れて冷やしておきます。

さつまいものクランブルケーキの作り方

材料(15cm深型タルト1個分)

・薄力粉…40g
・アーモンドプードル…20g
・きび糖…50g
・無塩バター…60g
・卵…1個
・さつまいも…100g

下準備

バターは室温で柔らかくしておきます。
タルト型を使う場合は分量外のバターを薄くぬり薄力粉をはたいて冷蔵庫にいれておきます。
薄力粉とアーモンドパウダーはふるっておきます。
さつまいもは1㎝角に切って600wのレンジに5分かけます。
オーブンを180度に温めておきます。

作り方

① さつまいものソテーを作ります。フライパンにバター15g(分量外)を溶かしきび糖15g(分量外)を入れてキャラメル色に焦がします。そこへさつまいもを加えて混ぜます。

② 室温で柔らかくしておいたバターにきび糖を加えてゴムべらでよく混ぜます。ハンドミキサーでふんわり白っぽくなるまで泡立てます。

③ 卵を3回に分けて加えてその都度、よく混ぜます。

④ 粉をふるいながら加え粉気がなくなるまで混ぜます。①のさつまいものソテーも加え混ぜます。

⑤ 型に入れます。写真のように型に貼り付けるようにならします。

⑥ クランブルを全量のせます。

⑦ 180度のオーブンで30分焼きます。

下準備をしっかりすれば、お菓子作り初心者さんでも美味しくできること間違いなし!ぜひお試しくださいね。

「#ケーキレシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

masayo

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録