ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
イラスト アイメイク 奥二重メイク

奥二重の悩みとおさらば♡垢抜けもデカ目も叶うこなれアイメイク

こんにちは、Ricottaです。奥二重さんは目の際がまぶたに埋もれがち。アイラインやアイシャドウを乗せても色が隠れてしまったり、消えてしまうことも。そんな悩みとも今日でおさらば!今回は自身も奥二重である筆者が、目の幅を大きく、ぱっちりと見せつつも垢抜けられるメイク方を紹介します。

目次

奥二重を活かすには、元々あるまつげをしっかりあげる!

ポイント1:奥二重用ビューラーでまつげを根本からアップ

市販のビューラーは、まつげのアップはできるものの奥二重さんの目だとなかなか目の際にビューラーが入りにくく、なんだか物足りない仕上がりになってしまいます。

根本からしっかりまつげをあげることで、元々あるまつげがしっかり上がって目の縦幅がアップするため、まつげは根本からあげたいもの。

そのためには「アイプチ フィットカーラー ひとえ・奥ふたえ用」が最適!

奥二重さんのまぶたをぐいっと持ち上げてくれて、まつげをしっかりキャッチしてくれるから根本からまつげがあがります。

まぶたの重なりやすい目頭や目の中央も、なんなくまつげをアップしてくれるすぐれもの。

私も奥二重なのですが、このビューラーに出会ってからメイクがぐんと変わり、根本からまつげをあげることも容易くなりました。

まつげをあげることは目の縦幅UPに繋がり、目をぱっちりと大きく見せるのには一番の近道。ぜひ使ってみてくださいね。

アイシャドウとアイラインも、ちょっとのコツでグッと目力アップ♡

ポイント2:アイシャドウで目の幅アップ

2つ目はアイシャドウの塗り方。アイシャドウは目の形に沿って塗る方が多いですが、奥二重さんはまぶたで隠れがち。濃い色を乗せてしまうとメイクまで濃く見えてしまうので、肌に近いカラーを使うのがポイント。

なだらかな山をイメージして、ふんわりと広めにアイホールに広げます。目の下も広めに、黒目の下くらいまでうすく広げます。

やりすぎ感がないのに自然と目が大きく見えるので、これは欠かせない工程。

色味を足したい方は、なるべくオレンジ系のカラーをチョイスして更に色を重ねてみてくださいね。奥二重さんはピンク系だと目が腫れぼったくなるので注意してください。

ポイント3:アイライナーは目尻しっかり

3つ目は、アイライナーは目尻に重点を置くこと。目頭や目の中央は、まぶたでラインが消えがち。一生懸命に太めに書いてまぶたで隠れないようにと思うと、目を閉じたときにとってもラインが太く分厚く、ナチュラルさが減ってしまいます。

目尻に重点を置き、流すようにひいて自然なアイに。こちらもブラックのライナーではっきりと引くよりも、ブラウン系のライナーで引いてあげることで目の延長線のように見え、自然に垢抜け効果を得られるのでぜひトライしてみてくださいね♡

この3つだけでもかなり目の印象が変わるので、奥二重さんはぜひ試してみてください!

「#奥二重メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

Ricotta

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録