アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

もうすぐお休み!旅の荷造り上手になれる3つのコツ

  • 6782 views

旅行の計画を立てるのは楽しいですが、荷造りは面倒…。帰省や旅行などが多くなると、その分荷造りをする機会が多くなるので、効率よくムダのないやり方が知りたい!と考える方も多いと思います。そこで今回は、旅の荷造り上手になれる3つのコツをご紹介します。 

目次

旅行の計画というのは、ワクワク楽しい。
けれども荷造りはめんどくさい~と感じる方必見な、荷造りのお話。

こんにちは。 整理収納アドバイザーのTomoです。

転勤で地元関西を離れてからというもの、 年に2度の帰省と、年に1度の旅行と荷造りする機会が一気に増えました。
そこで「効率よくムダのない荷造りとは何か」 を考えるようになりました。

今回は旅の荷造り上手になれる3つのコツをご紹介します。

①旅のパターン別持ち物リストをつくる

実家への帰省、ホテル泊の旅行、出張など目的や宿泊する場所によって持ち物は大きく変わります。

しかし旅のパターンさえ決まれば、持ち物はそう大きく変わりません。

そこでパターン別に、あらかじめ持ち物リストを作っておけば、リストを元に「モノ」をピックアップして、詰めるだけ。

毎度の荷造りも楽々です。

②衣類の量を最小限にする

かさばる衣類を最小限にとどめることが荷造りの鍵。

・着まわしのきく服を選ぶ
・厚手の服より、薄手の服を何枚か重ね着する
・宿にパジャマがある場合は上手に利用する
など、少しの工夫で量はかなり絞られます。

「いちおう入れておこう」という服は大抵着ないことが多いので、そういうものは持っていかない。
持ち物のムダを省き、本当に必要な量に絞るのがポイントです。

③人別、ジャンル別、目的別などに分類する

「旅のお供」に選ばれたモノたちを、実際に詰める最終段階。
モノを使いやすく分類することで、旅先での準備がスムーズになり、また荷ほどきの際もグンと楽になります。

では「分類」とは具体的にどうするのでしょうか?

例えば、
・パパ、ママ、こどもなど人別に分ける
・洗面グッズ、化粧品、薬、などジャンル別にわける
・お風呂グッズ、食事グッズ、など目的別にわける
などのパターンがあります。

これらの分類法の中で、旅する人自身が使いやすい方法を選び 効率よく詰めていくことが、賢い荷造りと言えるでしょう。

旅の荷造り時に是非、試されてみてはいかかでしょうか。


【あなたにおすすめの記事】
■モテる女子はバッグの中もきれいだった!バッグのカンタン整理術
■もし余命3年だったら、どこへ行って何を見て何をしたい?海外旅行のこと
■いつか行きたい!イースタン&オリエンタル・エクスプレスの旅
■朝着る服に迷わない!すっきりクローゼット収納の工夫♪
■有給を取ってでも行きたい!鎌倉の泊まれるお蕎麦屋さん


/

この記事の著者

tomo

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録