アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

別茹でなしで簡単♪フライパンだけで絶品ワンポットパスタ

ワンポットパスタをご存知ですか?フライパンひとつでパスタを茹でながらソースまで完成させるパスタの料理法のひとつです。別茹でしないから、コンロ一つで作れますし、洗い物も少なくてすみます。今回は基本となるトマトベースとクリームベースのワンポットパスタです。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

トマトソースのワンポットパスタ

トマトソースもあらかじめ作ることなく一緒に作ることができます。
シンプルなトマトソースのワンポットパスタのレシピです。
唐辛子を加えたり、ベーコンやシーフードを加えたりしてもおいしい。

材料(2人分)

スパゲティ 200g
水 300ml
トマト水煮缶 1缶
塩 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2
にんにく 1片

作り方

① にんにくは薄皮をむいて薄切りにする。

② フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけて香りがするまで熱します。

③ いったん火を止めて水、塩、トマトの水煮缶を潰しながら汁ごと入れます。スパゲティを半分に折ってから入れて中火にかけます。スパゲティがくっつかないように時々箸でさばきながら混ぜ、煮立って来たら蓋をしてスパゲティの袋に記載されている茹で時間煮ます。

④ 蓋を開けて水分が多いようなら、少し煮詰めて完成です。

失敗知らずのカルボナーラ

クリームベースの代表といったらカルボナーラですよね。
卵黄を後乗せするからボソボソになってしまうことなく作れます。

ベーコン、卵黄、パルメザンチーズを除いて作るとクリームソースのパスタに。
お好みの材料でバリエーションを増やしてみて下さい。

材料(2人分)

スパゲティ 200g
水 200ml
牛乳 300ml
バター 大さじ1
ベーコン 50g
パルメザンチーズ 大さじ2
塩 小さじ1
黒胡椒 適量
卵黄・2個

作り方

① ベーコンは食べやすい大きさに切ります。

② フライパンに水、牛乳、半分に折ったスパゲティ、塩を入れて中火にかけます。スパゲティがくっつかないように箸でさばきながら混ぜます。

③ 煮立って来たら蓋をして火を少し弱めてスパゲティの袋に記載されている時間煮ます。

④ 蓋を開けて水分が多いようなら煮詰めます。

⑤ 仕上げにバター、パルメザンチーズを入れてよく混ぜ合わせてからお皿に盛りつけます。盛り付けたら卵黄をのせて黒胡椒を振り完成です。

食べる際に卵黄を混ぜ合わせてからいただきます。

ワンポットパスタの作り方のコツ

蓋をすると水分が逃げずに蒸らしの効果がありますが、ちょうど良い大きさの蓋がなければ蓋をしなくても作ることができます。

ただ、水分が蒸発しやすいので火加減を調整してください。水分が早くなくなってまだスパゲティが固い時には途中で水を足して大丈夫です。
少しずつ加えて調整しましょう。

基本は100gのスパゲティに対して250mlの水分が必要だと覚えておくと量を増減するときに便利です。

作り慣れると、トマトソースやクリームソースだけでなく、オイル系ソースやナポリタン、和風のソースのものも作れるようになります。

野菜を使う時は、一緒に煮て作れますが、灰汁の少ない野菜のほうが向いています。
ブロッコリー、小松菜、アスパラガスやキャベツ、玉ねぎ、にんじんなどが良いでしょう。
灰汁が強いほうれん草などを使う時は下茹でしたものを後から加えて下さい。


【あなたにおすすめの記事】
■ホワイトソース不要でササっと作れる「グラタン」
■冷凍ごはんがあっという間に「アランチーニ」
■餃子の皮でアレンジ、チーズとろける「ラワーピザ」
■巻かない?のに懐かしいおいしさ「ロールキャベツ」
■小麦アレルギーの子でも安心♪時短パスタ


執筆者:鎌倉裕子

更新日:2018年2月13日


39

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録