ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
キャラメルリンゴのフレンチトースト

たった1分で中まで染み染み♪キャラメル林檎のフレンチトーストで幸せ朝ごはん

「フレンチトーストって、前の晩から漬けないとでしょ?」。いえいえ、ノンノン。今回、紹介するフレンチトーストは、漬け込み時間はほんの1分!林檎のソースまで作っても、ほんの10分で出来ちゃうんです。キャラメルソースをまとった林檎と、ふわっふわのフレンチトーストで、幸せマックス朝ごはん!楽しみましょう。

目次

キャラメル林檎のフレンチトースト

林檎の季節がやって来ました。シャキシャキのフレッシュな林檎も美味しいけれど、火を通した甘酸っぱい林檎の美味しさは、また格別ですよね。

今回は我が家の朝食メニュー人気NO.1!のフレンチトーストに旬の林檎をあわせてみました。

しかも今回、紹介するフレンチトーストは、漬け込み時間が、なんと1分!たった1分で、卵液が中まで染み染み!ふっくら美味しいフレンチトーストができちゃうんです。

その秘密は、電子レンジ。この裏技、フレンチトースト愛好家さんは絶対やってみた方がいいと思う!(笑)。軽くあたためるので、焼き時間も早いんです。

食べたい時にすぐ食べられる、いいとこどりなフレンチトースト。ぜひ!

材料(食パン1枚分)

【フレンチトースト】

・食パン(6枚切)…1枚
・牛乳…1/4カップ
・グラニュー糖…大さじ1/2
・卵…1個
・バター…5g
・粉糖…適宜

【キャラメル林檎ソース】

・りんご(あれば紅玉。なければ何でもOK!)…1/2個(正味100g)
・グラニュー糖…大さじ1と1/2
・バター…5g
・水…大さじ2

作り方

① 電子レンジにかけられる耐熱の容器に、牛乳、グラニュー糖を入れ、電子レンジ600wに20秒かけます。砂糖が溶けるように泡立て器で軽く混ぜます。

② ①に卵を割り入れます。白身を切るようによく混ぜましょう。

③ 食パンは、卵液が染み込みやすいように横半分に切り、②の卵液に入れます。

④ 食パンの裏表を返し、電子レンジ600wに20秒かけます。食パンの耳の部分をそっと持ち上げて、裏表を返し、さらに電子レンジ600wに20秒かけます。

電子レンジにトータル1分かけるだけで、食パンが卵液をほぼ吸って、ふわっふわ!

⑤ フライパンにバターを熱し、④を焼きます。余った卵液も上からかけ、フタをして弱火でゆっくり焼きましょう。裏面も同様に焼きます。

フレンチトーストのできあがり!お皿に取り出しておきます。

⑥ りんごを3mmの厚さにスライスしておきます。

⑦ ⑤のフライパンにグラニュー糖を入れ、中火にかけます。

⑧ 砂糖が溶けて全体がおいしそうなカラメル色になってきたら、火を止めます。

⑨ ⑥のりんごを広げるように入れ、再び中火にかけ、カラメルをからめます。

⑩ りんごに軽く火がとおったら、水を入れ、フライパンのカラメルをこそげとるようにソースにします。キャラメル林檎ソースのできあがり。

⑪ フレンチトーストに⑩のキャラメル林檎ソースをたっぷりかけて、好みで粉糖をふって召し上がれ。

林檎プラスで幸福感、増し増し!のフレンチトースト。いかがでしたか?

シャキッとしない朝でも、こんな朝ごはんだったら、美味しくって、うれしくって、ギュイーンとエネルギーチャージができるはず。もちろん、3時のおやつにも、おすすめです!

「#トーストレシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

田中雪絵

広島の器と道具の店「LOUTO」店主/フリーランスエディター

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録