アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
不織布マスクメイク OKメイク NGメイク

そのマスクメイクダサ見えかも!?不織布マスクに合わないNGメイク&垢抜けて見えるコツ

/

美容ライターの古賀令奈です。肌が暗く見える、野暮ったい気がするなど、感染対策として有効とされている不織布マスクが苦手と感じる方からはさまざまなお悩みが。そこで今回は、不織布マスクに不満を感じやすい方にみられるNG例と簡単なお直し術をご紹介します。

目次

不織布マスクには「立体感のある美人メイク」が断然おすすめ

ウレタンマスクは幅広いカラー・デザイン展開で支持されていますが、立体感を狙うなら不織布マスクがおすすめです。

同じ色のマスクで比較してみると一目瞭然。曲線的なデザインのウレタンマスクだと丸みが強く感じられ、顔もソフトな印象に感じられます。

一方、不織布マスクの場合はワイヤーやプリーツなど直線的なデザインで全体が構成されているため、顔にもシャープ感が強まります。

ワイヤーの折り目や開いたプリーツは、メイクの力を使わずとも簡単に立体感を出してくれる優れもの。不織布マスクをつけるときはふんわりとした可愛い系のメイクより、マスクの持ち味を生かした美人系メイクをすると垢抜けやすくなるでしょう。

物足りなさを感じるぼんやり顔には「マスカラの重ね塗り」

ナチュラルながらもきちんとアイメイクをしたつもりが、思っていたよりぼんやりとした顔に。そんなお悩みを感じる方は、不織布マスクの立体感に目もとの印象が負けてしまっているのかもしれません。

しかし、アイシャドウを濃くすると顔の中で唯一見える目周りが暗くなり、全体的に暗い印象になりやすいため得策ではありません。

そんなときはまつ毛で立体感を補い、明るさをキープしながら目力をアップさせましょう。

このようにマスカラを重ね塗りするだけで、目もとのインパクトが強まりました。線状のまつ毛が主張されることでシャープ感も高まり、マスクの立体効果とのギャップが埋まったのではないでしょうか。

青白、ドス黒…悪目立ちするくすみには「はみだしチーク」

ベーシックな不織布マスクは真っ白なため、その色の影響で肌色がくすんで見える方も少なくありません。筆者も例に漏れずドス黒くくすむタイプで、本来より肌色が暗く見えます。

少しでも肌色をよく見せるには、チークが不可欠。マスク時にはチークを塗らないという方も多いですが、それはとてももったいないです。

ポイントは、マスクをつけたときに見えるように、目の1cm下くらいのかなり高めな位置までチークを入れておくこと。見える量はわずかでも血色感は大違い。肌の印象がガラリと変わります。

白マスクはどうしても嫌!なら「カラー不織布マスク」に

「どうしても白マスクは顔色が悪く見えて苦手」そう感じる方もいらっしゃるでしょう。最近では不織布マスクにもバリエーションが増えており、カラータイプも販売されています。

筆者はグレーの不織布マスクを愛用しており、その日の気分や服装に合わせて取り入れています。お好みのカラーを取り入れることで、不織布マスクへの抵抗が和らぐかもしれません。

不織布マスクもメイクの力で柔軟に取り入れてみて

マスクによって特徴が異なるため、顔の印象はどうしても変わるもの。マスクに合わせたメイクを意識してみると、お悩みが改善される可能性があります。

今回ご紹介したお直し術は簡単なものばかりなので、不織布マスクに抵抗がある方は一度試してみてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録