アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
マスクメイク 眉メイク アイメイク

マスクメイクの悩み一気に解決♡マスクでもしっかり垢抜けて見えるこなれアイ&眉メイク

/

こんにちは、Ricottaです。毎日つけるマスク。今やファッション&メイクの一部となっていますよね。今回は、マスクメイクでもしっかり垢抜けて見えるメイクテクニックをご紹介します♡

目次

マスクメイクで大切なのは眉&目元

マスクをつけていると、頬や口元が見えず、血色感が薄れがち。そのせいで印象が暗くなりやすいことも。

顔の3分の1くらいしか出ていないこともあり、目元と眉毛はとっても大切!

今回は具体的に、垢抜けたマスクメイクをするために必要なメイク方法をご紹介します。

①マスクから見える部分にツヤを仕込む

マスクから見える、頬や鼻の付け根、おでこの三角ゾーンにハイライトを。それだけでも顔色がパッと明るく華やかになります!

マスクも明るいカラーを選ぶことで肌自体を明るく見せてくれる効果も。

②眉毛はオレンジまたは赤みやピンクみブラウンで血色感アップ

眉毛を暗いカラーにしてしまうと重たく、きつい印象に。マスクをつけているときは、色味のあるアイブロウにすることでこなれ感がアップします。

マスクメイクで一番大切なのはアイメイク

アイメイクでも、色味のあるカラーをチョイスしましょう。

ダークなブラウンやグレー系よりも、オレンジやピンク、赤系のカラーにすると華やかな印象に。

①ベースカラーを広めにON

肌なじみの良いベースカラーを、広めにアイホールにオン。そうすると目元にも立体感が出て、デカ目効果にも。

まぶたの下にも、薄く広く乗せます。

②オレンジまたはピンク系のメインカラーをON

二重の少し上くらいまで、メインとなるカラーを乗せます。目尻は三角をイメージして乗せることで一気に垢抜け。

③暗めのブラウンで引き締め

濃いめのブラウンアイシャドウで、ラインを引くように目元を引き締め。下まぶたは点置きすることで自然に目元を引き締めてくれますよ。

最後に立体感を出すべく、ラメを黒目の上下に。

④ブラウンアイラインとマスカラで完成

最後はアイライナーです。ブラックだとくっきりとした目元になり強めの印象に。

そのためブラウンのアイライナーを活用することで抜け感と、程よい引き締め感を。自然なデカ目になりますよ。

また、マスカラはビューラー後にまつげの根元にオン。毛先につけすぎると重さでまつ毛が倒れてしまうため、根本をマスカラで固定しておくことが大事。

ぜひいくつか試し、垢抜けメイクを味方にマスクメイクを楽しみましょう♡

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

Ricotta

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録