アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク デカ目メイク

3つのポイントを押さえるだけ♡いつもメイクのデカ目効果がグッとアップする簡単テク

/

いつものアイメイクに物足りなさを感じていたり、デカ目に見せたいけれど濃く塗るだけでは逆効果な気がして正解が分からない、といった方は多いのではないでしょうか?今回はいつものアイメイクをデカ目メイクにアップデートする3つのテクニックをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
40代の逆垢抜けアイメイク
やってる40代さんは絶対やめて!垢抜けのつもりが残念見えしちゃう逆垢抜けアイメイク4選

目次

いつものメイクとデカ目メイクを比較

今回ご紹介していくメイクはこちらです。

主に気を付けるポイントは、アイシャドウの塗り方・アイライナーの効果的な使い方・下まぶたメイクの取り入れ方です。

それでは順番に解説していきます。

POINT①アイシャドウの塗り方

まずはアイシャドウの塗り方からです。

アイシャドウを塗る際に目を大きく見せようとして濃い色を広範囲に入れてしまうと、逆に抜け感がなくなり目が小さく見えてしまう場合があります。

濃い色は全体に塗るのではなく、明るめのカラーをアイホールにふんわり入れた後、目尻中心にポイント使いするのが正解です。

目尻側に濃い色を乗せて縦割りグラデーションになるように仕上げることで、抜け感とメリハリ感をプラスしてデカ目効果をアップさせることができます。

POINT②アイラインの入れ方

次はアイライナーの効果的な使い方です。

最近はアイライナーを引かないメイクがトレンドのため、アイライナーをしっかり引いたメイクはデカ目とは逆効果になってしまう場合があります。

効果的にアイラインを入れるには、まつ毛とまつ毛の隙間の気になる部分にアイライナーを点置きして隙間を埋めていく方法がおすすめです。

目尻にのみ長さ5ミリ程度の細いラインを引くことで目の横幅を強調することができます。

POINT③下まぶたメイク

最後に解説するのは下まぶたメイクについてです。

デカ目メイクをする際に下まぶたメイクは必須と言っても過言ではありません。アイシャドウとマスカラを目の下側にもきちんと塗ることで、目の縦幅を強調してデカ目効果を得ることができます。

アイシャドウは上まぶたに使ったものを涙袋全体と目尻側に入れ、ぷっくり感と陰影をプラスします。

マスカラはあえて全体には塗らず、中央あたりに付けることで抜け感のある仕上がりになります。

完成したメイクがこちら

上記のテクニックをとりいれて仕上げたメイクがこちらです。

こなれ感を残しながらデカ目効果を得られるメイクに仕上がりました。

簡単な3つのポイントを押さえたデカ目メイクにチャレンジしてみてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

kana.s

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録