ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ラップで簡単!なのにレストランの味!ごちそう風アスパラチキンのクリームソース

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。今回作るのは、ちょっとごちそう風の一皿。鶏むね肉でアスパラガスを巻いたチキンロールを作ります。チキンロールはタコ糸で巻いて作るちょっと面倒なイメージがありますが、今回はたこ糸を使わずラップを使います。鶏むね肉があっさりしているので、ソースはクリームでちょっと濃厚に仕上げます。きのこの旨みと生クリームのコクで、手軽にレストランのような味わいになりますよ。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 25分

アスパラのロールチキンクリームソース

鶏むね肉はアスパラを巻きやすいように、包丁で開いて大きく広げます。さらに麺棒でたたいて広げるとしっかり包めます。

きれいに形を作るポイントは、ラップでキャンディーのように包むこと。

ラップの左右をぎゅっとしぼっていくと、タコ糸で縛るより簡単に形が整います。軽くレンジで加熱後、ラップを外して焼いて、ソースで軽く煮込めば出来上がりです。

材料(2人分)

鶏むね肉 1枚
アスパラガス 3本
マッシュルーム 3個
しめじ 1/4袋
玉ねぎ 1/4個
おろしにんにく 小さじ1/2
生クリーム 100ml
白ワイン 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1/2
バター 10g
塩 適量
こしょう 適量
クレソン 適量

作り方

① アスパラガスは根元の堅い皮をピーラーでむく。玉ねぎは繊維に垂直に薄切りにする。しめじは石づきをとってほぐし、マッシュルームは厚めの薄切りにする。

② 鶏肉は観音開きにして厚い部分を開く。

③ ラップをかけて、麺棒でたたいて少し広げる。塩小さじ1/3、こしょうを振って下味をつける。

④ 鶏肉をラップの上に置き、アスパラを芯にして巻く。

⑤ ラップの端を絞って同じ太さになるように整える。破裂しないように、爪楊枝で数か所さして穴をあける。

⑥ 耐熱皿に⑤の鶏肉の巻き終わりを下にして乗せ、600wの電子レンジで2分加熱後、裏返して1分加熱する。

⑦ フライパンにオリーブオイルを入れて、ラップを外した鶏肉を焼く。(肉汁は捨てずにとっておく)全体をこんがり焼いたら一度取り出す。

⑧ 同じフライパンにバターを足し、玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。マッシュルーム、しめじ、おろしにんにくを加えて軽く炒めたら白ワインを入れる。

⑨ アルコール分が飛んだら、鶏肉、とっておいた肉汁、生クリームを加え、弱めの火加減で加熱する。時々鶏肉を返しながら、ソースにとろみがつくまで火にかけ、塩、こしょうで味を調える。

⑩ 鶏肉を取り出して食べやすく切り分け、ソースと一緒に盛り付け、クレソンを添える。

あっさりとした鶏むね肉に、クリームソースがよく合います。見た目は凝っているように見えますが、簡単にレストランのような一皿が出来上がりました。

外食をしたくても、なかなか出かけられない、そんな気分を上げてくれる一皿。休日の夜は、ワインをあけて、ゆっくり食事を楽しんでくださいね。

「#簡単レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

笠原知子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録